[ 外回り-002 ]
抜き文字表札

外廻り部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

表札は一般的に壁に「付ける」もの。ここで提案する表札は「抜き文字」としての表札です。

和の内外観と連動させて、鎧壁の下地を作ります。

ステンレスのプレートと文字枠を設置し、吹き付けをした後に、文字枠を抜いて表札とします。

京都に存在する揚屋建築の中で、紅葉の跡が壁に美しく残っていたことにインスピレーションを得て設計しました。

既製品を付けない、そのお客様だけのオンリーワンとなる表札のあり方を探りました。

抜き文字の部分です。文字枠を最後に抜いて仕上げるため、文字が凹んだ状態になります。

鎧壁の段差です。段を付けることで、和のイメージと表情豊かな門柱にしています。天板には汚れが付きにくいようステンレスのプレートを載せています。

ポストやインターホンも袖壁の裏に隠すことで、道路側に綺麗な壁を残しています。

建設地
兵庫県神戸市 
敷地環境
市街地
構造
木造
階数
敷地面積
165.21㎡
建築面積
63.50㎡
延べ床面積
124.94㎡
工事費
非公開
家族構成
ご夫婦+子供2人
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
鈴木俊彦(SQOOL一級建築士事務所)
FavoriteLoadingAdd to favorites