建築家紹介 »

アトリエフルカワ一級建築士事務所
古川 泰司(ふるかわ やすし)

»【 古川 泰司 】に関する全ての記事を検索

古川 泰司

住宅の設計で大切にしていること
建主さんと設計者、そして作り手である工務店さん、三者の信頼関係。
設計料について
設計料は工事費の10%〜(設計料の下限を定めています)。 リフォームは規模などによりその都度相談。
設計を引き受ける条件
アトリエフルカワの家づくりに共感していただける方ならどなたでも。
設計歴 » 家づくりレポート
住宅20件以上を中心に、集会施設など、OMソーラー、自然エネルギー利用、施主直営式、材木の産直、分離発注、セルフビルド
生年月日・出身地
1963年5月13日新潟県生まれ。
性格・血液型・趣味
牡牛座のO型でうさぎ年生まれ。やわらかく、あたたかくありたい。 でしゃばりたくない性格ですが時には自己主張も必要ですね。 音楽鑑賞、読書、ブログ、ギター少々山登り、森林インストラクター。

今までの自分の仕事を振り返って見た時、「もり」の家と「まち」の家という言葉が浮かびました。

「もり」は森のこと。
私たちを取り巻く自然環境です。森や自然環境を想い地球に無理をさせない家づくりのことです。
また、「もり」とは「守り」のこと。家は家族を守るもの。様々な外敵から家族を守る家が必要です。
キーワードは「森をいかす家づくり」「自然エネルギー利用」です。

そして、「まち」とは街のこと。
人と人、家族と家族が集まって住む家と家が集まる場所です。家族と家族が寄り添い、お互いのプライバシーを守り、光と風をとりこみむ家。そして、街の人々と声を掛けあう、街とつながる家です。また、「まち」とは「待ち」のこと。家族の帰りを待つ家。待ちわびる家族のもとに家路を急ぐ家。人と人とが「家」を介してつながってゆく、そんな家づくりです。
キーワードは「狭小地住宅」「小さい家」「都市型住宅」です。

家はプリミティブなものです。
それは、住まい手のための家であり
住まい手を包み込む空間であり
そして、それは、住まい手とともに歩む家づくりから始まります。
私は家作りの原点に立ち返った
プリミティブな家づくりを
「もり」の家・「まち」の家というキーワードを大切にしながら
これからも続けてゆこうと思っています。

《Co.But@_House(こぶたはうす)》
21坪のかわいいシンプルな家ですが、自宅でお仕事をされるご主人の部屋や、将来ご両親を迎え入れることができるようにと、プランにの可能性を練りに練りました。しかし、結果はシンプルそのもの。コストもおさえることに成功しました。

ローコストで最高の家を建てる方法_古川 泰司著

ブログ「af_blog」もほぼ毎日更新中

エクスナレッジから「マンガと実物見積書でよくわかる ローコストで最高の家を建てる方法」が2013年4月に刊行されました。
[ローコストで最高の家を建てる方法/古川泰司 著/㈱エクスナレッジ刊/定価1,800円+税]

アトリエフルカワ一級建築士事務所

161-0033 東京都新宿区下落合3-2-2 ジュネス目白105
TEL 03-3950-4521 | FAX 03-3950-4521 | Mail yasushi.furu@gmail.com
URL http://a-furukawa.com

赤沼 修
荒木 毅
伊澤 淳子
石黒 隆康
泉 幸甫
小川 任信
落合 雄二
小野 育代
川口 通正
菊池 邦子
久保木 保弘
倉島 和弥
後藤 孝
佐々木 善樹
庄司 寛
白崎 泰弘
十文字 豊
杉浦 充
高野 保光
田代 敦久
田中 ナオミ
徳井 正樹
丹羽 修
根來 宏典
濱田 昭夫
半田 雅俊
坂東 順子
福田 隆一
藤田 辰男
藤原 昭夫
古川 泰司
本間 至
松澤 静男
松原 正明
松本 直子
丸石 隆行
宮野 人至
村田 淳
森 博
諸角 敬
安井 正
山下 和希
山本 成一郎
吉原 健一