建築家紹介 »

森ヒロシ建築設計所
森 博(もり ひろし)

»【 森 博 】に関する全ての記事を検索

森 博

住宅の設計で大切にしていること
前から建っていたかのよう地域に馴染む家をつくりたい。 無理をせずに余力を残した家づくりをして生活を楽しめる家。 その上でシンプルに、そして「格好よくつくる」。
設計料について
設計料は総工事費の10%〜15%です。 白い漆喰と国産材、無垢の木でつくったシンプルな「木の家」を一緒につくれればいいですね。
設計を引き受ける条件
何でも遠慮なく話し合えること。ちょっとした言葉の中に生活をもっと豊かにできる「ヒント」が隠れているからです。 
設計歴 » 家づくりレポート
材木座海岸の近くで、スタッフ+黒パグと「木の家」の設計をしている小さなアトリエです。 新しい家、小屋、リフォーム、増築 or 減築、マンション改装の設計をしています。鉄骨造も得意です。
生年月日・出身地
1959年東京都北多摩郡清瀬町生まれ(東京都清瀬市)
性格・血液型・趣味
すごく几帳面なんですが最後のつめが甘い性格。B寄りのA型です。 毎日「なにを食べようかずっと考えている」、妥協しない性格です。 「もの」にこだわり、波乗り、Vespa、カメラ、洋服、食べること、腹筋が趣味。

設計者を探している方へ

白い漆喰と国産材、無垢の木でつくったシンプルな家づくりが好きです。キッチンや造り付けの家具にはこだわりがあり、すべて設計をして製作しています。既製の製品は極力使わず、作れるものは何でも図面を描いて、職人さんの手作りと暮らしやすさを大切にしています。家は出来るだけ目立たず出しゃばらないで、小さくてそっと以前から建っていたかのよう地域に馴染む家をつくりたい。でも、その上でシンプルに、そして超!格好良くつくりたいです。

建築観、住宅観

10年前に自宅を設計しました。小さかった子供たちも大きくなり当初思っていた暮らし方のままではいろいろと不都合が出てきました。最近の設計ではその経験を若い建て主さんに伝えて、20年後の住まい方まで想像して設計をしています。予算が多くても少なくても、使う素材を出来るだけ変えない設計を心がけています。高級マンションのように高価な素材を使った設計はせずあくまでシンプルに。通常は節有りの材料、予算があれば同じ材の無節を使うことで家本来の雰囲気を変えないようにしたいと思っています。

略歴

東京都北多摩郡清瀬町生まれ(東京都清瀬市)。父の転勤で東京をあちこち、浦和、川口、札幌、宮崎に住む。
1979年から材木座に在住。
1984年関東学院大学工学部建築学科卒業。2つのアトリエで勉強後、一級建築士を取得。
1989年Spain Madridで F.Higueras Diaz Arquitecto勤務。
1990年5月、横浜元町で独立。
1995年家づくりの会の正会員、2003年NPO法人となる、2012年から2年間副代表。
2004年4月から神奈川県林業協会横須賀三浦支部メンバー。DOCOMOMOJapanフレンズ、神奈川県立近代美術館100年の会、地元鎌倉の”ひと・まち・鎌倉ネットワーク”(ひとまち) に参加、2011年社団法人となる。神奈川県建築士事務所協会鎌倉支部2013年から2年間副支部長。材木座・若松町自治会防災委員。

【立体的に暮らしをつなぐ家 】
材木座商店街に建つ準耐火構造・木造3階建ての家。2階リビングは吹き抜けを通して3階の子供室とつなげ、階段は上り下りする子供の様子が感じられるように手すりを兼ねた開口をデザイン、立体的に空間をつなぎ組み立てました。ダイニングテーブルのすぐ上は階段の踊り場から入る2畳の小さな書斎で、天井高さを1.89mと低くして心地いい居場所をつくりました。白い壁は漆喰塗り、天井は紙貼り、床は天竜の杉板を使用しています。

【OMソーラーと紀州杉の家】
OMソーラーを設置した木造2階建て28坪の小さな家。玄関を入ると土間でつながるクロークと物置、引き戸を開けると杉の梁のあるリビング・ダイニング・キッチンのワンルーム。リビングの吹き抜けにある螺旋階段を上がると夫婦の寝室と小さな書斎、クローゼット、洗面室と浴室。OMで暖められた空気は吹き抜けを通して家全体を暖めてくれます。リビングには大分産青表の畳が3枚敷かれていてゴロリとしながらくつろぐスペース、ワンルームの中に心地よいコーナー、居場所が出来ました。白い壁は漆喰塗り、天井の梁は紀州産の杉です。設備はオール電化とOMソーラーの組み合わせです。

【老後の家(借家として建て、将来友人夫婦が暮らす家)
2階のアトリエ兼寝室です。書斎の左の障子を開けると1階のリビングの吹き抜けにつながり南からの風を呼び込みます。右の壁の下にある小さな引き戸は階段の踊り場にあり、気配と通風の役目をしています。左の障子の目の前には大きな桜があり、街並みのために避けるように建物を配置しています。

 

Go!!ほぼ日Blog!!!  http://mstudio.jp/blog/

森ヒロシ建築設計所

248-0013 神奈川県鎌倉市材木座3-2-27
TEL 0467-25-2584 | FAX 0467-25-2574 | Mail post@mstudio.jp
URL http://www.mstudio.jp/

赤沼 修
荒木 毅
伊澤 淳子
石黒 隆康
泉 幸甫
小川 任信
落合 雄二
小野 育代
川口 通正
菊池 邦子
久保木 保弘
倉島 和弥
後藤 孝
佐々木 善樹
庄司 寛
白崎 泰弘
十文字 豊
杉浦 充
高野 保光
田代 敦久
田中 ナオミ
徳井 正樹
丹羽 修
根來 宏典
濱田 昭夫
半田 雅俊
坂東 順子
福田 隆一
藤田 辰男
藤原 昭夫
古川 泰司
本間 至
松澤 静男
松原 正明
松本 直子
丸石 隆行
宮野 人至
村田 淳
森 博
諸角 敬
安井 正
山下 和希
山本 成一郎
吉原 健一