家づくりレポート »

あざみ野の家 Ⅱ

あざみ野の家Ⅱ-外観_田代

格子で覆われた建物南面。腐りづらい特殊な木材を使い、近い将来変化するであろう色に塗ってある。


成熟した閑静な住宅街の中に或る住まいで、永らく生活していたSさんが建て替えを決意されたのは家族構成の変化と、夏暑く冬寒い断熱性の低い家に耐えられなくなったからと伺った。
その為、当初から断熱性と空調には気を使いながらの設計となった。

 

壁は従来の充填断熱ながら、特に性能の高い断熱材を使用し、夏の厳しい暑さに対しては屋根面での外断熱で対応している。
庇も充分に出し、直射日光から家を守るデザインとした。
南面の家を囲う格子はデザイン性と共に、外壁面に当たる直射日光から外壁を保護する役目も持っている。
1階には床暖房を使っているが、温水を使ったものではなく、ダクトの中を暖まった空気が流れる北欧のシステムを採用した。

あざみ野の家Ⅱ-室内_田代

作り付け家具を使い、LDにも収納を作った。

これは床下のコンクリートを暖めるもので、間接的に床が暖まり自然な熱環境が得られる。
引っ越し後(丁度寒い時期でした)の印象も良く、工事の時期移っていたマンションと変わらない暖かさだと聞き、ホッとしている。
また配置計画では道路から奥まった位置に建物を配置し、道路側に相当量の植栽を植える事で周囲の環境にも配慮した。
プランニングに関してはいつも通り収納に配慮し、片付いた生活が出来るように細かい工夫を重ねている。
またキッチンも収納と考え、この家に合わせてデザインし家具工事で設置した。

 

建築DATA

地階床面積: 86.40㎡ (26.13坪)          〈家族構成〉
1階床面積: 129.98㎡ (39.32坪)           父、娘(次女)、長女夫婦+子供
2階床面積: 111.79㎡ (33.82坪)
延べ床面積: 328.17㎡ (99.27坪)
構  造:地下コンクリート+木造2階建て

[家づくりニュース2016年5月号掲載]