家づくりレポート »

つばさの家 -RC造で実現した開放的空間-

つばさの家-LD_白崎

手前からリビング-ダイニング。雁行配置をしながら、中庭の向うにワークスペースがあります。


敷地は住宅密集地にあり、杉並区の定める地区計画上、耐火構造であることが求められました。
また、近くを通る環状線からの遮音対策も考え、RC造とするのが自然な選択肢でした。

 

つばさの家-外観_白崎

南側テラスから見上げた外観。大きな開口と、2層ある深い庇が特徴。上部のベイマツの軒庇はテラス部分のみならず、南面の間口いっぱいに架けています。

つばさの家-アプローチ_白崎

アプローチ側からの外観。プライバシー保護を目的に、奥に開放的なリビングがあることが判らないようにしています。

RC造の場合、木造と比べて柱間の距離を大きくとることができるので、大らかな生活スタイルの建主にふさわしいスケール感を出すことができます。
また、南面に対し大きな開口を設けて家の奥まで陽光を届け、夏の強い日差しを遮るために深い庇を設けました。
さらには、家の中心に中庭状のルーフテラスを設けて周囲に開口部を設け、そこから下に光を落とす工夫をしています。

 

RC造であることのメリットやオーナーの要望を収斂していった結果、屋根や天井が「つばさ」を広げたような形状となり、大らかな家族を表現するのに相応しいものとなりました。
「つばさ」を仰ぐと、周囲から覗かれる心配なく青空が垣間見え、住宅が密集しているとは思えない「のびやかな」空間に仕立て上げることができたと思っています。

 

建築DATA

1階床面積 : 100.61㎡(30.43坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 63.64㎡(19.25坪)            夫婦+子供2人
延べ床面積 : 164.25㎡(49.68坪)     
構   造 : RC造地上2階建

 

[家づくりニュース2015年12月号掲載]