家づくりレポート »

家ではなくてガレージと倉庫

 熱海に別荘を設計しました。といっても正確には別荘に付随するガレージと倉庫です。別荘は道をはさんだ反対側にあります。以前この土地は林だったのですが、地主が木を全部抜いて造成してしまい、それに危機感を感じた施主が土地を買い取り自分の別荘の周りの環境が悪くならないようにしようと考えたのが事の始まりです。母屋にもガレージはあるのですが、もっと余裕のあるガレージにしたいという事情もありました。
 6年前に建てられた母屋の別荘。実は私の設計ではありません。大学の先輩でもある内藤廣さんの設計です。内藤さんが別荘を造り、私はガレージと倉庫?でも母屋で設計の打合せをしながら意外と楽しく仕事をさせてもらいました。
 敷地は約250坪と広いのでどこに配置すればよいのかから始まり、残りの部分をどのようにするか?限られた予算の中で試行錯誤した結果が写真の通りです。ガレージは敷地の奥に配置し、残った土地はできる限りもとの林のようにしようということで話が進み、植える樹木は熱海から箱根の植生を参考に決めました。 予算の関係で小さめの苗木のような木が多いのですが、10年後には立派な林になると思います。
 余談ですが箱根は色々な種類の樹木が生えており、その多様な木の特徴を生かして箱根細工という工芸品が出来るようになったのです。何となく見ているお土産品ですが、ちゃっかりと設計に使わせてもらいました。

家ではなくてガレージと倉庫①_諸角 敬箱根の多彩な植生を参考に植えられた苗木。

家ではなくてガレージと倉庫②_諸角 敬1階はRC造、2階木造部分の外壁は母屋と同じ角波板鉄板と一文字葺きの組み合わせ。