家づくりレポート »

庭を取り込む

庭を取り込む-室内_半田

内観:吹き抜けによって、冬は奥の食堂まで陽が入る。夏は大きな庇とバルコニー、樹木で日射を遮蔽。
“冬は暖かく夏は涼しい” を実現。


気持ちの良い『住まいの秘訣』の一つが “戸外とのつながり” です。
この家の庭はわずか3坪ですが、一坪を植栽に残りをウッドデッキにしています。
庭を取り込む-外観_半田

外観:道路側は高めの板塀と生け垣で囲い、シンボルツリー側に開く。
大きなバルコニーは、ウッドデッキの屋根にもなっている。
プライバシーを確保しながら緑を室内に取り込む。

キーポイントは、居間の掃き出し窓を引き込みにしていること。
1間半の大きな開口部のおかげでウッドデッキと居間が繋がります。広々として緑が身近に感じられる伸びやかなスペースになりました。
道路とウッドデッキの境は高めの板塀で仕切っています。

 

写真ではまだ生えそろっていませんが、植え込みのネットフェンスには、テイカカズラを絡ませてプライバシーを守ります。
一番大きなシンボルツリーはアオダモ。別名コバトネリコ、野球のバットをつくる落葉広葉樹、爽やかで美しい木です。
二階のバルコニーからも目線の高さで新緑や紅葉が楽しめます。
蛇籠で包んだ足下の石垣にもそのうち緑が根付くはず。
戸建て住宅は個人の資産ですが、地域の景観の一部でもあります。
わずか1坪の庭でも、木を植えることによってすてきな町並みに貢献できますよ。

 

建築DATA

1階床面積 : 45.2㎡(13.6坪)              〈家族構成〉
2階床面積 : 44.1㎡(13.5坪)               夫婦+子供2人
延べ床面積 : 89.9㎡(27.1坪)+ロフト6.6㎡(2坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2015年2月号掲載]