家づくりレポート »

時を重ねる家

 埼玉県の桶川市に建つこの家に、私は「時を重ねる家」という名前をつけました。
 なぜ「時を重ねる」なのか、あらためて考えてみました。「新しいことはいいことだ」という価値観が、20世紀は支配的でした。戦後復興や高度成長期の日本だったら、新しい家電や科学技術の進歩が、私たちの暮らしや生活を変える力がありました。その恩恵にあずかって、私たちは戦前や明治の時代には考えられなかったような便利さ、快適さを手に入れてきました。
 しかし、いまだにその延長線上でつくられている物たち(住宅も含めて)は、これからの時代を生き抜こうとしている私たちを本当に支えてくれるのでしょうか。
「新しいけれども、すぐ古くなって使い物にならない。」
「確かにまだまだ使えるけれども、特に愛着もないし、どことなく古びてみすぼらしいので捨ててしまおう。」
「安かったんだから仕方がない……。」
大量生産大量消費の社会では、こういった物との付き合い方も、経済を活性化させる原動力になったのかもしれません。でも、少子高齢化が進み、廃棄物処理の問題が顕在化し、自然と調和した文明のあり方が望まれる時代にあっては、もうそんなやり方は通用しないのは明らかです。
 2050年に日本の人口と年齢構成がどうなっているかを予測したデータが、国の研究機関によって発表されています。いまから約40年後、生きていれば私も80 歳を超えています。いったいどんな世の中になっているのでしょうか。
 全人口は2050年には9500万人。2005年の1億3000万人にたいして、実に25%減になると推計されています。65歳以上の人口は、2005年は20%だったのが2050年には40%にもなるそうです。さらに80歳以上の人口も2005年はわずか5%なのが2050年には17%にまで上昇。今までの65歳定年制では、国民の三人に一人が引退組。それでは若い世代だけではとうてい喰わせられない。だったら定年年齢をもっと上げて75歳くらいまでは元気で働いてもらわないと日本経済はまわっていきません。歳をとったらお役目御免ではなくって、70を超えても元気で仕事を楽しんで続けられるような社会、古いものが活かされるような文化や環境をつくっていく必要があります。
 「生命は動的平衡にある流れである」といったのは生物学者の福岡伸一ですが、住まいや都市といった、人が暮らす環境も、居心地のよい生きいきとしたものにしていくには、新しいものと古いものとが重なり合って、常に人の手が加わり、動的平衡として流れている状態こそがイメージされるべきなのではないでしょうか。
 20世紀の近代建築の理論は「新しさ」のみに目を向け「古いもの」を根こそぎに切り捨ててきてしまったことに限界の一端があると私は思います。「時を重ねる」というコンセプトを、さらに掘り下げながらこれからも家づくりを続けていきたいと思います。

時を重ねる家
リビングダイニングの上は吹抜けになっていて、高いところに細長い窓がある。
この窓から入る光が、季節や時間帯によってさまざまな表情を、壁や床に映しだし、時の流れを感じさせてくれます。

時を重ねる家玄関扉の両脇は古材で、厚さ5センチの桧の無垢板です。経年変化の風合が活かされています。古いものと新しいものとが調和したデザインを目指しています。