家づくりレポート »

杜の里(もりのさと)

写真:スパイラル/小林 浩志

杜の里-室内01_川口

床、天井の材はすべて杉材。壁の仕上げは、土佐漆喰塗り。壁内はすべて杉の3層構造パネル


敷地は、なだらかな坂道に面した台形である。
敷地東側には、モミジの木がもともとあり、この木を残した。眺めについては、敷地と隣接地の緑の関係を考えて、窓位置に合わせて借景している。
2階からは、遠くの森の景色が窓越しに連なるように見える。

 

杜の里-室内02_川口

玄関ホールの階段から、台所、居間、食堂方向を見る。

杜の里-外観_川口

外観右手は元気になったモミジ。外壁は色漆喰左官塗り。

この建主夫婦には、3人の小さな男女の子供達がいる。
この住宅は、都心を遠く離れた自然豊かな子育てには、とても理想的な環境に建っている。
家の壁内は、杉の三層構造パネルの無垢を2枚重ねてあり、全くすきまをつくっていない。
断熱材としてもその材を活用している。
さらには、子供達の健康を考えて、プラスチック部材や、接着材を使用している材料は、内部に直接出る部分には使用していない。
杜の里-室内03_川口

居間、食堂、スタディコーナー、和室のワンルーム空間を見る。

室内の仕上げ材は、木とコンクリートと土佐漆喰である。
木はすべて杉材で、塗装はしていない。家族は素足の感覚でずっと暮らしたいと考えている。
小さな子供達が、家のなかを飛びまわれるようなワンルーム田舎家プランである。
敷地内の高低差の都合上、内部にも階段等の段差があるが、それがかえって空間を楽しく豊かなものにしている。
そして、道路に塀を建てずにプライバシーを確保できている住宅となった。

 

建築DATA

1階床面積 : 59.60㎡ (18.02坪)          〈家族構成〉
2階床面積 : 27.44㎡ ( 8.30坪)            夫婦+子供3人
延べ床面積 : 87.04㎡ (26.32坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2016年4月号掲載]