家づくりレポート »

浜松の家

今回紹介する家は少々変則的な形での紹介になります。
できたばかりで、まだちゃんとした写真がないんです。
模型写真と実際の建物の写真がありましたのでそのお話をしたいと思います。

浜松の家_諸角

1/50の模型。色を決めるため色紙を貼ってどのようになるか
シミュレーションする。

浜松の家_諸角

実際にできた空間。模型と比べて大きな違いのないことが分かる。
これは設計者にとっても建て主にとっても大事なこと。

私たちは仕事を進めていくとき、よく模型を使います。事務所によって様々ですが最初の打合せでは1/100程度の縮尺で、その後1/50、場合によっては1/20の模型を作ることもあります。模型を作ると言うことは我々が空間を把握するためだけでなく、やはり建て主によく理解してもらうために作ることが多いのですが、今回紹介するものは色を決めるときに使った模型です。縮尺は1/50です。
大きな空間の中にいくつかの小さな箱(部屋)が位置される構成なのですが、各部屋をみな同じ白っぽい色にした方が良いのか? 色を変えて小箱を強調した方が良いのか?

頭の中で考えていても分かりにくいので1/50の模型を作り、各小箱に色紙を貼って色々と確かめてみました。その確かめている時の様子が、右側上の模型写真になります。
実際にできたのが右側下の写真です。
大体模型のイメージ通りにできているのが分かると思います。

模型だけではなく3D-CADを使うこともありますが、studio Aではこちらは空間の構成を確かめる用途ではなく、日照のシミュレーションでもっぱら使っています。
夏や冬にどのくらい室内に日照が入るのか? また入ってこないようにするためどのようにすれば良いのか、など検討するときに使います。
模型写真の左側に見える白い壁は外部にある袖壁になりますが、これは西日を避けるために設けたもので、下の方に空いている正方形の穴はサンルームに日が入るように開けたものです。CADを使って壁の出や穴の大きさを決めました。

模型やCADを使うことで、今まで勘や経験に頼っていたものをより正確に設計できるようになり、快適な住宅づくりに役立てています。

建築DATA

1階床面積 : 25.4坪           〈家族構成〉
2階床面積 : 17.0坪           夫婦
延べ床面積 : 42.4坪     
構   造 : 木造在来工法2階建て

[家づくりニュース2013年5月号_掲載]