家づくりレポート »

(学)わらべのこころ・小平あおば幼稚園「森しんしゃ舎」

写真:多田 ユウコ

南正面外観_倉島

朝のお遊びの時間。約20m角の建物です。 左右対称で少し堅いイメージですが、実際は背も低く抑え、かわいいボリュームで、周囲にも気を使っています。 2階の腰壁まで杉板を張り、昔の小学校のようでもあります。


1990年から1994年にかけてデザインさせていただいた埼玉県入間市の「あんず幼稚園」をみてご依頼いただきました。
20数年前のものを見て気に入っていただくって、嬉しいお話です。
遮ることの無い連続した空間、外から中を通り抜け再び外に出る内外の繋がった空間。
数年にわたる増築から生み出された迷宮空間。ここで繰り広げられる子供たちの生活ぶりが、幼児教育の共感へと繋がったようです。上手に使いこなしていただいた結果ではあるのですが、、、。

 

内部中央遊戯室_倉島

北保育室から中央遊戯室〜エントランスを見る。2階ハイサイドライトから陽射しが木漏れ日のように床を照らします。床は30mmの杉フローリング。低温乾燥材なので優しい風合いが残っています。この材料にすることで床暖房は採用しませんでした。でもとっても暖かい。子供たちはみんな裸足になってしまいます。

1951年、前理事長によって小さな幼稚園の種が蒔かれました。
小さな小屋から始まった幼稚園。
途中、小学校の廃材を再利用して作られた園舎に変わり、60年以上がんばってきました。東日本大震災にも耐えましたが、耐震改修をしなければならず、建て替えに至ったのです。
東京都の助成金事業になっています。

 

新園舎は武蔵野の森を再現するように、大きな材木で、包まれるようにデザインされています。
森のような空間
こども達は森の動物たち、虫たち、鳥たちのように自由に元気良く飛び回ります。木のぬくもりと明るい陽射しの中で新しい歴史が作られていきます。近所には卒園生もたくさん住んでいます。孫のいる卒園生もいます。
時々立ち寄ってくれます。そんな卒業生の記憶も消さぬよう、既存園舎の床に使われていた材料は、新園舎の腰壁に再利用しました。
国産杉の大きな梁と柱は全国探し回ってやっと手に入れました。

 

小さな土地になんとか基準を満たす園舎。
あんず幼稚園が外に広がる空間に対して、こちらは中に広がる空間になっています。中央の広場のような遊戯室は、木漏れ日の落ちる森の中の原っぱです。

 

森のようにゆっくりと時を刻んでいく新しい園舎です。

 

建築DATA

1階床面積 : 362.22㎡(109.57坪)     構  造:木造2階建て
2階床面積 : 164.10㎡( 49.64坪)     用  途:幼稚園
延べ床面積 : 526.32㎡(159.21坪)

[家づくりニュース2016年6月号掲載]