家づくりレポート

ブナの木と山野草の庭がある住まい

写真:スパイラル/小林 浩志

ブナの木と山野草の庭がある住まい_外観

コンクリート打ち放しの北側外観。上部には屋根が掛かり、ソーラーパネルが取り付けてあります。敷地間口の左右と中央には、将来、大きくなる木を植えています。

この住宅は下町の密集地に建っています。
防犯上の考慮とプライバシーの確保の点から、道路側を少し、クローズな感じにしています。
3階建ての二世帯住宅で、親世帯と娘夫婦世帯の一家7人で暮らしています。
昔から下町に生まれ育ち、暮らしてきた家族が、新たな家をどのようにつくるかを、みんなで考え、子供たちも孫たちも未来につなぐことを夢見た家づくりです。

敷地の約4分の1を自然観あふれる庭にして、土間を通り、玄関から直接、庭に出ることが出来る住宅をつくることにしました。
両親が最高齢になっても、3階分の上り下りが楽なように、ホームエレベーターも目立たないように設けました。

ブナの木と山野草の庭がある住まい_室内

庭と一体になった室内。木製のガラス戸・網戸・障子は全て、左側の壁に引き込んでいます。

家族全員が自然が大好きなので、何も無かった場所に豊かな自然を、建築と一緒に新たにつくることにしました。
1階にブナの木と山野草がたくさん植えられた広めの庭。
3階にはジューンベリーが植えられた花壇のあるテラス、そしてスカイツリーが良く見え、ナスやキュウリ、トマトを栽培している野菜畑がある屋上デッキをつくりました。
1階の庭には、屋根が掛かっている、お茶が飲めるテラスを設けています。
外部に通風がある日陰を設けることや雨天の作業スペースとして、とても役立っています。
北側の道路側にも、設計の初期に、あらかじめ植栽スペースを確保して、モミジ(紅葉)や常緑樹のソヨゴ(冬青)、ドウダンツツジを植えて、道行く人に楽しんでいただくことを考えました。

この住宅の構造には鉄筋コンクリート壁式造を採用しています。
鉄筋コンクリート造でも、マンションのように部屋の角に、大きな柱型が出ないため、家具などを各部屋のコーナーに、すっきり置くことが出来ます。
耐火性や耐震性も大きく、3階建ての住宅には、とてもお勧めのつくり方です。
僕は3・11の地震の時、この現場の中にいました。
前の道路と電柱はうねりながら大きく揺れましたが、この住宅は、この構造方式と杭を打っているために、思いのほか揺れませんでした。
町屋の震度は6弱でした。建主家族もそのとき一緒でした。

これからも、この家族7人と、これまで僕が設計した住宅の家族と同じように、ずーと、お付き合いしていくことになると思います。

建築DATA

1階床面積 : 26.40坪(84.29㎡)      〈家族構成〉
2階床面積 : 26.57坪(87.86㎡)       夫婦 + 娘 + 娘夫婦 + 子供2人
3階床面積 : 26.39坪(87.26㎡)
延べ床面積 : 77.86坪(257.41㎡)     
構   造 : 壁式RC造3階建て

[家づくりニュース2013年9月号掲載]

Villa Azumino

この度、伝統と格式のある本会に入会させて頂きました、アトリエ・アースワーク 山下和希です。
どうぞよろしくお願いします。

本会を知るきっかけは、先輩会員である倉島和弥氏との出会いがありました。
WEBにて本会を知り、目的と趣旨を拝見し、入会したい旨を失礼ながら倉島氏に電話にて相談させて頂いたのが始まりです。
その時に、会の内容を丁寧に説明して下さり、また、現代表に連絡をして頂きました。

今期、総会にてご承認を頂き、晴れて仲間入りをさせて頂くことになりました。
入会を希望した目的は、会員の皆さんと一緒に家づくりの本来の楽しさを、クライアントである建主に広く理解して頂く活動をすることです。
そして、諸先輩方より家づくりの活動を通してご指導を頂くことにあります。
この歳になると、目上の方の意見は大変貴重なものであり、この会ならばと感じています。
地方出身の若輩者ですが、ご指導を頂ければ幸いです。

Villa Azumino-01_山下

北アルプスをバックにし屋根の形状を幾度となく検討した。
四季の移り変わりが楽しめる住まいである。

ここに紹介する「Villa Azumino」は長野県安曇野市にあります。
そしてこの建物は、私の家族のために私自身が設計した住宅です。
土地探しの最大のポイントは、ロケーションと交通機関の利便性が良い場所で、約1年余土地探しをしました。

Villa Azumino-02_山下

動物たちの目線から見た、LDKと応接室。

この期間はとても長く、諦めかけた時に見つけたのでした。
土地は巡り会わせと言う人がいますがその通りだと実感したのでした。
この場所は雄大な北アルプス連山をバックに住まうことができ、山々は四季折々に様相を変えるのです。

我が家の特徴は、屋根の形状をアルプスの形に見立て計画をしたこと。
また、近隣への配慮として可能な限り建物高さを低く抑えました。
また、冬期の積雪への対策として、玄関先や各室窓部には深い庇を設けました。
リビングから眺める常念岳やアルプス連山からは、常に季節の変化を感じ、日々英気を頂いています。

倉島氏との出会いがあったからこそ、この度この会へ入会をさせて頂けたと思います。

今後は、さらに多くの方々との出会いを頂きながら活動をして参りたいと思っています。
皆様、末永くお付き合いを頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

建築DATA

1階床面積:114.99㎡        〈家族構成〉
2階床面積: 21.55㎡         夫婦+子供3人
延べ床面積:136.54㎡
構 造:木造在来工法 2階建て

[家づくりニュース2013年8月号_掲載]

北デッキの家

北デッキの家01_石黒

[リビング]見晴らしの良い北東側は、ハンモックや食事もできるデッキと連続しています。南側の高窓からの光で明るい場所となりました。

北デッキの家02_石黒

[外観]道路から少し高い所にある敷地に建つので、マウンドのような庭となりました。前面に道路を挟んで公園があるので、視線が通ります。

北デッキの家_石黒

[作業コーナー]子供達が3人で使う作業コーナーです。個室を小さくして、なるべくこの場所で勉強や読書などをします。景色も良いです。

北東側に道路を挟んで公園がある、眺望の良い敷地です。
道路から敷地が少しだけ高いので、マウンドのような庭となりました。

当初は大きな敷地を活かして、1階にリビング、デッキを設ける提案でしたが、建主さんのリクエストで2階のリビング+デッキとしました。
実際はそれが正解で、見通しの良い景色を眺めたり、夏は蚊もこないそうで、居心地のよい場所となりました。
リビングと連続して北東側をデッキとすることで、夏の暑い時期でも比較的、心地よく過ごす事ができます。
このデッキはあくまでも食事をしたり、ハンモックを楽しんだり、生活を豊かにする要素に徹しています。
洗濯物干しは、別の場所に専用のサンルームを設けました。
また、採光は居住スペースの南側に高窓を設けることで、明るくすることができました。
視線的にも隣家を避けて空がきれいに見えるので気持ち良く過ごせます。

1階は個室や書斎があります。
子供室は個室を最小限とし、皆で勉強等ができるように、庭に面して作業コーナーを作りました。

植栽は建主さんと山へ行って選んだ樹木です。
様々な樹木を植えて、街並にも開いた外構となりました。

建築DATA

1階床面積:19.79坪        〈家族構成〉
2階床面積:17.53坪         夫婦+子供3人
延べ床面積:37.32坪
構 造:木造2階建て

[家づくりニュース2013年8月号_掲載]

KAPPAはうす

岩手県遠野は、日本の原風景を残しているだけでなく、カッパや座敷わらし、キツネや馬との恋など、言い伝えや物語に溢れた不思議なところです。
「KAPPAはうす」は、そんな遠野の、長閑な田園風景の中に建ちました。
ご主人は、大阪のご出身。奥様は与論島。
お二人が四人のお子さんをもうけ、この地に骨を埋める覚悟を決めるまでにも、遠野の伝説に負けない物語があったに違いありませんが、今回は、秘密のままにしておきます。

KAPPAはうす_外観

遠野の長閑な風景の中にぽつんと溶け込んでいます。
右斜め手前の方向に、車で10分も走らないところに河童淵があります。


東西にまっすぐ伸びる農道に合わせて、低い軒を長く見せるようにしました。
高さを抑え、普通に、目立たず、完成した時に、ずっと前からここに建っていたような…。
小さな盆地に外から入ってきたご家族が、自然に、人にも風景にも馴染んでしまう。
そんなことを、イメージしました。
列柱縁側に面した開口部、風をぬきながら北に広がる風景を眺める小さな開口部。
いつでも遠野を感じられる工夫です。

KAPPAはうす_室内

リビング、和室の見通しです。左側には縁側デッキと広い庭が広がり右からは小窓から北の風景がのぞけます。
床は岩手の栗。床柱はエンジュ(岩手県に多く自生しています)。杉も地元です。見えない構造には、岩手県推奨の唐松集成材を使っています。
五月五日の新築祝いには、床の間に立派な甲冑が飾られました。

材料にも拘ってみました。
[岩手県のもの]
 栗のフローリング、杉、
 県推奨の唐松集成材、
 エンジュ床柱
[大阪のもの]
 池田炭  
[赴任していた山形のもの]
 紅花漉き込みのふすま紙
[与論島(沖縄)のもの]
(注・与論島は鹿児島県です)
 ウコン和紙、月桃紙
故郷を思いながら遠野の生活に溶け込みます。

KAPPAはうす

北面の小窓は、北に広がる(上部写真参照)遠野の風景を眺めるためと通風のためのものです。
北風が強いので、小さく風景を切り取るようにしました。リビングや階段の上り下り、浴室、書斎から眺めることが出来ます。

厳しい遠野の冬を快適に乗り越える事が、第一のご要望でした。
断熱性能は北海道を目指しました。気密性能もC=0.88と、基準の半分以下。自然素材の暖かみと合わせて、快適な冬が過ごせます。
夏は田んぼをかける青い風が気持ちよく抜けていきます。

五月五日の新築祝いの一週間後には、家族で畑を耕し、家庭菜園の準備にかかっていたそうです。
新しい生活が始まります。

[追記]
新築にあたり、ご主人はファイナンシャルプランナー、奥様はインテリアコーディネーターの資格をそれぞれ取得。夫婦力を合わせての家づくりでした。

建築DATA

1階床面積 : 36.36坪               〈家族構成〉
2階床面積 : 25.20坪               夫婦 + 子ども4人
延べ床面積 : 61.56坪     
構   造 : 木造軸組工法 地上2階建て

[家づくりニュース2013年7月号_今月の家_掲載]

北杜の家

北杜の家_外観

富士山側(南)から見た外観写真です。そよ風と太陽光発電が共存しています。小屋裏利用の2階はゲストルームです。

定年を迎え、山梨に移住。
ここ数年、そんな方が増えていて、那須へ、安中へ、また那須へ、そして今回の北杜へと建て主さんを送り出しています。
まあ、それほど大袈裟な話ではなく、好きなところで好きな事をして、のんびりと過ごしたいだけの引っ越しです。
でも、最初に気になるのが普段の生活です。
余計なお世話かもしれませんが、買い物はどこで? 病院はどこに? 毎日何をするのか?
いろいろ気になりましたが、皆さんしっかりとそのあたりは押えていて、どこも心配の要らない環境が整っていました。

北杜の家_木組み

家を東西に貫く吹抜け廊下の木組み

今回の北杜の家の建て主さんは、お会いしてからしばらくは私に依頼するかどうか、検討されていたのだろうと思われました。
見学会にも何度か参加され、事務所にもみえましたが、最終的には東京ビッグサイトでの朝日住まいづくりフェアに参加している時にお声が掛かりました。
このイベントは毎年5月に開催されていて、今年で3回目の参加になります。
一昨年のイベントから2年後の今年4月にやっと完成しました。
長期優良住宅、そよ風、エコキュート、太陽光発電、薪ストーブと盛りだくさんの上、セルローズファイバーと外断熱併用で高断熱化された木と漆喰の家です。
でも、つくりは木組みを見せてはいますがシンプルな住宅です。
この家の「一番」はまわりの山々と田園風景です。
富士山、八ヶ岳、南アルプスに囲まれた大自然の中での暮らしは快適です。

建築DATA

1階床面積 : 37.18坪           〈家族構成〉
2階床面積 : 11.00坪           夫婦
延べ床面積 : 48.18坪     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2013年7月号_今月の家_掲載]

西馬込の家

撮影:吉田 香代子

西馬込の家_内観

LDKからデッキ、庭、児童公園へと視界が抜ける。
夏の日差しや公園からの視線を調整するため軒下からテントや簾をかける支柱と横棧が見える。

建て主家族は30代のご夫婦と息子さんで将来子供が増え、ご両親と同居の可能性もあり、基本プランとして1階に玄関とLDK、和室、2階に主寝室と多目的広間、浴室水周りを配置しました。
西馬込の家_外観

南東道路から庭の植栽やデッキを眺めながら玄関へと枕木のアプローチが続く。

表通りから入った行止まり道路の奥突き当りが敷地の東南にあたり、そこから南庭の植栽やデッキを眺めながら玄関へと枕木のアプローチが続きます。
南庭の先には1.8m程の高さに児童公園と神社の杜が隣接し、静かで視界も抜け都心では恵まれた環境にありました。

この環境を活かして外部を取込んだり、繋がったり、囲ったり季節や天候、来客によって様々な生活が楽しめるよう、引込み戸や障子、軒下、デッキ、植栽などで程よく調整しています。
敷地と南隣地公園の高低差によって1階は少し囲われて落着いた雰囲気に、2階は地面に近い中2階で浮き上がったような変化のある空間となりました。
パッシブソーラーや雨水タンクを設備し自然との共生を図っています。

建築DATA

1階床面積 : 16.1坪           〈家族構成〉
2階床面積 : 17.5坪           夫婦 + 子供
延べ床面積 : 33.6坪     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2013年6月号_掲載]

リノベーションという選択

骨組み状態のみになった建物


ただ今、築三十数年となる木造2階建て住宅のリノベーション工事中です。
キッチンや浴室の一部やり替え、壁紙の張替えなど比較的小規模な工事をおこなう「リフォーム」と違い「リノベーション」とは、建物を柱と梁だけの骨組み状態にして、新たに間取りを考え直し、耐震補強をおこない、老朽化した設備配管などを取替え、もとの建物性能以上に再生させる工事のことです。

現場にあった鶴と松の書院格子

もともとはご両親が住まわれていたこの住まい、子世帯に孫が生まれたことをきっかけに、2世帯住宅として一緒に暮らすことができないかと計画が始まりました。

現場は、都心の道路より奥まった緑に囲まれた静かな環境。
室内に入ると床はたわみ多少ガタがきているものの、手の込んだ欄間や格子戸、立派な床柱、庭の眺めなどが目に入りました。

建替えか、リフォームか? 
と悩まれた末、後世代に家の記憶を残し、2世帯が程よい距離感が保てるようプランを考え直す、リノベーションという選択となりました。
リノベーションとする理由は、住み慣れた家に愛着がある、継いだ家を守りたい、建替えると面積が減ってしまう、少しでもコストを抑えたいなど様々です。
木造住宅は柱と梁が構造体となっているので改築しやすく、大きく間取りや水回りを変更しても適切に設計してゆけば何世代にも渡って住み続けることが可能です。

完成予定模型

完成予定模型

先ずは、骨組みの見直しです。
建物の構造基準は、昭和56年に「耐震」に対する考え方が根本的に改正されました。
このことから、改正以前の基準の建物を「旧耐震の建物」、以降の建物を「新耐震の建物」といいます。
旧耐震の建物は、現状の耐震診断をおこない、今の構造基準を満たすように補強計画を考えなければなりません。

表面的な化粧直しだけでなく、構造補強や断熱性能を高めるリノベーションは、新築に近いコストが掛かります。
東京都では、耐震補強工事やバリアフリー改修などに掛かる費用の一部を助成する制度もあるので要チェックです。

解体工事を終え、骨組みだけになった建物は壮観です。
親の代から住み続けられた住まい。数々の家の思い出。
次の次の世代と同じく、新たに生まれかわるための準備です。

建築DATA

延べ床面積 : 62.23坪           〈家族構成〉
構   造 : 木造2階建て         両親 + 夫婦 + 子供2人

[家づくりニュース2013年6月号_掲載]

東村山の家

吹き抜けを中心に螺旋状に生活空間がつながる住まいです。

20代は、僕の師事した先生の彫刻的な作品制作の補助(助手)と、自らも未熟ながら立体作品をつくり美術展などに出展していました。自然界は渦を巻いているといわれますが、なぜか僕の作品も渦のような形態がよく現れました。

東村山の家_高野

リビングから庭を見る


住宅を設計するようになりこの感覚は忘れかけていましたが、この東村山の家はリビングを中心とした吹き抜け空間の周りに庭や和室、キッチン、ダイニング、書斎、子供室、ルーフバルコニー、寝室と渦を巻くようにスキップしながら空間がつながっていきます。生活動線をショートカットする吹き抜け中央のオブジェ的螺旋階段が回遊性を与え、家族とどこからもつながる大らかな生活空間になりました。

東村山の家_高野

ウッドデッキからリビングを見る


30歳を過ぎて建築の世界に入ると、ものをつくりながら言葉を使う必要性が出てきました。当たり前の事ではありますが、設計した住宅を建て主ご家族にしっかり説明し、雑誌に掲載する際もなぜこのような設計になったのか論理的に説明をする必要に迫られました。彫刻を作っていた時はそれほど言葉は要りませんでした。何かが発酵するように気持ちや心を込めて、身体を使って自ら汗を流し絞り出すように形にしていました。作家たちは皆、黙々と展覧会に出品します。作品の説明をすることもできません。有無を言わさず、理由も分からず入選・落選が決まり賞まで決まってしまいます。
落選すれば、展示されることもなく暗い美術館の倉庫から自ら作品を速やかに搬出しなければなりません、そんな世界でした。

こうやって言葉で自作を語るのも理屈をつけるのもいまだに苦手で、なかなか克服できません。多分これからも、僕は昔と変わらず敷地や建て主家族と対話し身体を使って粘土をこねるように、試行錯誤しながら家を作っていくのだろうと思っています。

建築DATA

1階床面積 : 63.96㎡           〈家族構成〉
2階床面積 : 47.08㎡           夫婦 + 子供2人
延べ床面積 : 111.04㎡(33.6坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2013年5月号_掲載]

浜松の家

今回紹介する家は少々変則的な形での紹介になります。
できたばかりで、まだちゃんとした写真がないんです。
模型写真と実際の建物の写真がありましたのでそのお話をしたいと思います。

浜松の家_諸角

1/50の模型。色を決めるため色紙を貼ってどのようになるか
シミュレーションする。

浜松の家_諸角

実際にできた空間。模型と比べて大きな違いのないことが分かる。
これは設計者にとっても建て主にとっても大事なこと。

私たちは仕事を進めていくとき、よく模型を使います。事務所によって様々ですが最初の打合せでは1/100程度の縮尺で、その後1/50、場合によっては1/20の模型を作ることもあります。模型を作ると言うことは我々が空間を把握するためだけでなく、やはり建て主によく理解してもらうために作ることが多いのですが、今回紹介するものは色を決めるときに使った模型です。縮尺は1/50です。
大きな空間の中にいくつかの小さな箱(部屋)が位置される構成なのですが、各部屋をみな同じ白っぽい色にした方が良いのか? 色を変えて小箱を強調した方が良いのか?

頭の中で考えていても分かりにくいので1/50の模型を作り、各小箱に色紙を貼って色々と確かめてみました。その確かめている時の様子が、右側上の模型写真になります。
実際にできたのが右側下の写真です。
大体模型のイメージ通りにできているのが分かると思います。

模型だけではなく3D-CADを使うこともありますが、studio Aではこちらは空間の構成を確かめる用途ではなく、日照のシミュレーションでもっぱら使っています。
夏や冬にどのくらい室内に日照が入るのか? また入ってこないようにするためどのようにすれば良いのか、など検討するときに使います。
模型写真の左側に見える白い壁は外部にある袖壁になりますが、これは西日を避けるために設けたもので、下の方に空いている正方形の穴はサンルームに日が入るように開けたものです。CADを使って壁の出や穴の大きさを決めました。

模型やCADを使うことで、今まで勘や経験に頼っていたものをより正確に設計できるようになり、快適な住宅づくりに役立てています。

建築DATA

1階床面積 : 25.4坪           〈家族構成〉
2階床面積 : 17.0坪           夫婦
延べ床面積 : 42.4坪     
構   造 : 木造在来工法2階建て

[家づくりニュース2013年5月号_掲載]

亀戸の家

亀戸の家

キッチン上部の開口から屋上コートテラスの様子が見える


亀戸の家02

家の中心にある階段がパパの居場所

都心にたつ狭小住宅。 

敷地面積17坪・防火地域という条件に加え、3階建てにしたいという施主の要望から、木造耐火建築物として設計することになりました。木造耐火建築物とするためには、外壁の耐火性能はもちろんのこと、内部も木の軸組をすべて総厚42ミリの石膏ボードで覆わねばなりません。設備配管も、耐火被覆した構造体の外側に追い出す必要があり、通常の木造より内々の寸法が随分減っていってしまいます。

厳しい条件下で救いだったのは、敷地の両隣が旗竿敷地で、その竿部分で採光が取りやすかったことです。三方向から光を入れることができ、「どの時間帯でも暗くならないのが嬉しい」という感想をお施主様から頂戴することができました。

亀戸の家03

周囲の視線を避けつつ、いろんな方向から光を取り入れる

この家の最大の特徴はキッチンの空間です。家事をしながらプレイルームとなっている子供室の確認ができ、かつ、上を見上げれば屋上のコートテラスも確認できる高窓があります。家の内外を見渡せる空間構成は、幼児をかかえた家事のストレス軽減につながりますただ見渡せるだけではなく、空間にいろんな方向から光が入りこむこと、視線の抜けが出来ていることは、大らかなご家族にうまくマッチングしたのではないかと思っています。

 

建築DATA

1階床面積 : 38.50㎡(11.65坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 39.01㎡(11.80坪)           夫婦 + 子供2人 + 犬一匹
3階床面積 : 20.53㎡(6.21坪)
延べ床面積 : 98.04㎡(29.66坪)    
構   造 : 木造3階建て

[家づくりニュース2013年4月号_今月の家_掲載]

北側の眺めを楽しむ家

北側の眺めを楽しむ家01

リビングからキッチンのテラス戸を通して北側の緑と空が見える。


北側の眺めを楽しむ家02

寝室は屋根勾配にあわせた登り梁天井。高い天井とロフトで広がりと収納を実現。

 設計にあたってMさんが心配されていたのは、今の土地の広さで大人4人が住める家ができるものかどうか、ということでした。敷地は高台の住宅地の一角。第一種低層住居専用地域で建ペイ率40%、容積率80%の条件は確かにそんなに余裕はありません。しかも北側は急傾斜地崩壊危険区域に近接。その変わり眼下に広がる町並みを遠くまで見通すことができて気分爽快な眺めです。
そこで設計の常套手段とも言える、床面積に算入されない地下の部屋やロフトを造ることで、少しでも広くすることにした結果40坪強の面積になり、家族一人一人が自分の居場所になる部屋を持つことができました。その分リビング・ダイニングや玄関は面積を切り詰めました。南北に長い敷地のため、間取りも敷地形状に準じて南北方向を軸に計画し、リビング・ダイニングからキッチンはワンルームで視線が南の庭からキッチンの外の北デッキまで抜けるようにしました。
北側の眺めを楽しむ家03

窓からの眺めだけでなく床の段差ゼロ、引き戸でバリアフリーの浴室に。
引き戸の前に特製タイル掛け。

南側は住宅に囲まれた袋状の私道に面しているため、南側からは日差しを取り入れ、視界は空が広がる北側を主に考えました。Mさんも北側の眺めが気に入っていて、そこに広いデッキを造ることが家づくりに当たっての夢だったので、それを実現しました。

 デッキに面した浴室も好評です。設計当初、浴室はユニットバスしかできないと思われていたMさんでしたが、北側の景色を見ながら湯船に浸かれる浴室もできることが分かったので、既存のタイル張りの浴室を造ることになりました。
そこで苦心したのが、浴室配管の点検方法の確保です。この住宅は長期優良住宅の補助制度を利用していたので、そのための必要条件を満たさなければなりません。維持保全にあたって定期点検ができるようになっていなければならなのです。ユニットバスなら簡単ですが従来の施工方法では工夫が要ります。何とか点検口を造りましたが、住宅設計に当たって、これからますます維持保全に関しての配慮が必要になってくることを感じました。

建築DATA

1階床面積 : 52.9㎡             〈家族構成〉
2階床面積 : 52.9㎡             夫婦 + 娘家族2人
延べ床面積 : 106.0㎡(32.0坪)地下・ロフト面積を除く     
構   造 : 木造軸組工法2階建て+地下1階

[家づくりニュース2013年4月号_今月の家_掲載]

矢来の家(減築)

写真:篠澤 裕

2階板間:階段両側の壁を抜いて一体の空間(LDK)とした。
     外周壁に作られた棚板には多くの書籍が収納された。


都心に建つ古い家を、過去の記憶を残しながら「減築」した、庭のある夫婦二人のための住宅です。

東京都新宿区の古くからの住宅地。親の代からの持ち家である築50年程の住宅にくっついて築40年程のアパートが増築された木造2階建ての建築に、若いご夫婦が住んでいました。
「古い住宅と増築されたアパートをリフォームして、家族二人と猫二匹が住みやすい家にしたい。」との希望をかなえるため、現地を拝見し案を練りました。

考えた末、DKとして使われていた味はあるが大分痛んできてもいた古い部分を思い切って「減築」し、そこに緑を沢山植えて庭とし、築40年程の主にアパートだった部分をリフォームすることにしました。
1階を土間、2階を板間として、階段と吹抜けでつなぎ家全体を一体の空間としました。構造上のバランスを考えて一部の窓を塞ぎ壁にしましたが、残した窓を取り換える事はせず、古い健全な柱や梁は極力残し表に見せました。
古い柱に沢山残る「貫穴」を埋めて白く塗り、もともとの建物の壁や開口部の位置の「記憶」を保ちました。
書籍を沢山持たれているご夫婦のために、壁にはぐるりと固定の厚い棚板を開口部の位置とは無頓着に回しました(写真のごとく、一番上の棚は二匹の猫の活動のために何も置かれていません)。

古い部分を作った昔の職人達に敬意を持ち、彼等との共作のようにして作り上げた住宅の内部空間には過去の温もりが伝えられることとなりました。

1階土間:簡素に作られた新しい内装は、以前からの障子とも馴染んでいる。

建築DATA

1階床面積 : 11.07坪           〈家族構成〉
2階床面積 : 10.57坪           夫婦 + 猫二匹
延べ床面積 : 21.64坪     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2013年3月号_今月の家_掲載]