家づくりレポート »

wood_smile_gallery

ood_smile_gallery-室内_古川

ギャラリー内部。ハイサイドライトから溢れる自然光と既存の骨組みのフレームワークがポイント。半透明のパーテションの向こうは事務室。その枠も扉も杉で作っています。


これは新木場の老舗材木屋さんのリノベーションです。
wood_smile_gallery-玄関・アプローチ_古川

玄関アプローチにはオープンデッキを設けて道行く人の憩いの場になるようにしています。デッキもベンチも杉で作っています。

ですから、人が住むわけではないので「今月のいえ」というにはいささか心苦しいのですが、道行く人がふらっと立ち寄れる街のリビングをつくることを目指して設計をしましたので、強引ではありますがこれも「いえ」だと思ってご紹介させていただきます。

 

「wood_smile_gallery」とは文字通り、木を見て触れて笑顔になる、木の良さを多くの人に感じてもらう場所ということです。
良さを体で感じてもらえることができれば、家の中に木を使いたくなる。
そうした拠点として、街のリビングとしてこの場所では音楽やフリーマケットなど様々なイベントが始まっています。
目的は様々でも来ていただくことで木の良さを発見してもらえることが大切だと思っています。
なかでも、木の良さを体で一番体感してもらえるのは床です。
床には千葉県産の杉のフローリングを丁寧に低温で乾燥させたものを使っています。
低温で乾燥させることで、木の中にもともと含まれている精油成分や酵素などがそのまま残るようで、実際に低温で乾燥させた杉板は触りごごちも暖かく柔らかく感じます。
これは床の上に座って寝転んで触って違いを感じて欲しいところです。
一人でも多くの人が木のもつ優しさの魅力をこの場所で発見して欲しいと思います。

 

建築DATA

1階床面積 : 27坪
構   造 : 平屋建て
使用用途  : ギャラリー・事務所

[家づくりニュース2015年7月号掲載]