【 20坪以下 】

自分の家とするためのリフォーム

自分の家とするためのリフォーム-01_荒木

細長い2階居間空間です。ロフトの床を支えていた梁や2階の壁だった部分にあった柱を杉材に置き換えて現しとしました。

小規模な建て売り住宅を、建て主さんの今後の人生において住み心地の良い場所とするため、ご自身の価値観に合った空間や材料に改造した。
建て主さんからは、1階居室の暗さや冬の寒さを緩和したいとのご希望があった。
また、耐震強度の向上も望まれていた。
これらについて予算内に収まる方法での提案と説明を繰り返した。

 

建物は幅が一間半を切る細長い小屋裏収納付き総2階建てだったが、熱が篭りやすく今後は使われなくなると思われたトップライト付きの小屋裏収納の床を取り去り、生活の中心となる2階の一室空間の天井高を上げて、トップライトからの採光をこの空間に満たし、更に階段吹抜けを通して1階にまで達する工夫とした。

 

自分の家とするためのリフォーム-02_荒木

断熱性能を考え、既存の窓の内側に明障子を入れ二重窓としました。

2階は、機能的には和室と寝室に別れるが、引き込みの引戸で仕切ることにより、全体を一室空間の居間として、生活の中心として活用できるようにした。
1階はキッチンと水回りをコンパクトにまとめ、前面道路との間の出来るだけの面積を床暖房の入った土間(土間コンクリート仕上げ)として、近隣の方との会話などの交流の場とした。
土間は階段吹抜けを介して2階居間ともつながっている。

 

土間・畳・板間と材質の異なる空間を、ご自身のための、友人を招いての、近隣の方々との空間としてできるだけ広く取り、これからのここでの生活に伴う人間関係を包み込む「ひとつながりの居間」とした。
予算を考慮して、工事は極力内部側から出来るものに絞った。
サッシュも新しいものに替えることはせず、屋内に明障子を設置して二重窓とし断熱性能を確保した。

 

建築DATA

1階床面積 : 21.49㎡( 6.5坪)          〈家族構成〉
2階床面積 : 21.49㎡( 6.5坪)           一人暮らし
延べ床面積 : 42.98㎡(13.0坪)     
構   造 : 木造2階建て

 

[家づくりニュース2015年11月号掲載]

makinoki_House

makinoki_House室内_古川

お茶の間スペースから土間スペースを見る。


makinoki_House仕上げ_古川

構造用合板にペンキの仕上げ、木目がペンキの向こうに見える。

文京区千石に1400万円代で完成した、親子で暮らすための19坪弱の小さな木の家です。
玄関をかねた土間スペースはお茶の間スペースと建具で仕切られており、建具を開けることでリビングの延長として広く使えるようになっています。

 

さて、こちらの奥様、インドが大好き。
なんども出かけています。インドの民族衣装であるサリーに魅せられ、インドに行かれるたびにアンティークのサリーを少しづつ買い集めておられました。そして、そのサリー生地で小物を作ったショップをやりたいという夢を持っておられます。

makinoki_House外観_古川

夜景外観

この土間スペースは夢を叶えるショップとして使えるように考えています。

 

建物説明に進みましょう。
建物の骨組みは、品質管理された宮崎県産の杉材を使っています。
外壁はガルバリュウム鋼板の波板で、下地は構造用面材も兼ねてモイスを使っています。
断熱材はロックウールです。
室内の壁の仕上げは構造用合板にペンキを塗っています。これで、どこにでも棚がつれるカスタマイズ可能な壁が出来上がりました。構造用合板の木目もペンキの上から見えてなかなかきれいな仕上がりになっています。

 

今回の敷地は準防火地域ですから、窓のサッシュはすべて防火仕様となります。
サッシュの防火認定の見直しが行われ、ようやく新しい認定サッシュが出揃ったところなんですが、以前のサッシュに比べて2倍以上の値上がりとなりました。家一軒分で100万円近い増額になっています。
今回は防火仕様の新しいサッシュを使いながらの1400万円台の木の家ですから、コストパフォーマンスはかなり高いですね。

 

建築DATA

1階床面積 : 9.5坪                〈家族構成〉
2階床面積 : 9.0坪                 夫婦+子供2人
延べ床面積 : 18.5坪(他にロフト5坪あり)     
構   造 : 木造3階建て

 

[家づくりニュース2014年9月号掲載]

Union_Houseについて

Union_House-室内_古川「Union_House」は声楽家のご主人とピアニストの奥様が、お嬢さんと過ごす生活の場であり、お二人の音楽活動の場です。

生活機能は必要十分にコンパクトに設計してリビングルーム兼用の音楽スタジオを作りました。
音楽スタジオに必要な「防音性能」を上げるには、鉄筋コンクリートで作るとか、地下室として計画するのが一番です。
しかし、鉄筋コンクリート造は建物が重くなり、敷地の地盤があまり強くなかったので心配です。
また、地下室は敷地内に湧き水がありましたので地下水対策が大変です。
そこで、木造で音楽スタジオを計画することになりました。

「防音」と言っても低音と高音では対策が異なります。
簡単に言うと、低い音は重い素材が、高い音は軽い素材が効果がありますから、特性の異なる素材をバランスよく組み合わせて防音壁を作ります。
今回は、外壁の下地に「モイス」という重い素材を使い加えて石膏ボードと構造用合板を組み合わせて壁を重くしています。
そこに断熱材である、ふわふわの軽い素材としてロックウールのマットを20cmいれました。
さらには、建物を支える骨組みに音の振動が伝わらないような工夫もしています。
これで、性能の高い防音壁は設計できました。
しかし、これだけではダメです。
録音専用のスタジオでしたら、マイクで録音した音をあとからエコーを掛けるなどの加工をするために音が反響しない吸音性能が必要です。
しかし、演奏者が練習するスタジオでは、適切な響きがあることが必要です。
音楽は楽器が発する音そのものではなくその響きだからです。
響きは防音性能のように数値では計り知れない美しさであり感覚的な世界です。
特にアコースティックな響きを大切にする声楽とピアノではなおのこと響きが大切です。

今回は幅の狭い杉の板を隙間を開けて細い針のような釘で軽くとめることで杉板を響かせて程よい音の響きが出るようにしています。
建物が完成し、ピアノが搬入され奥様に弾いていただきご主人に発声をしてもらうまで、心配で心臓もドキドキでしたが、その日が来て最初の音を聴いた時にほっと胸を撫で下ろすことになりました。
我ながら素晴らしい響きを持った音楽スタジオが完成したと思います。
建て主さんの満足した笑顔が忘れられません。

Union_House-フォールディングテーブル_古川

リビングとしても使う音楽スタジオには普段はしまっておける食器棚を兼ねたフォールディングテーブルを作りました。

[家づくりニュース2013年11月号_掲載]