【 4人家族 】

つばさの家 -RC造で実現した開放的空間-

つばさの家-LD_白崎

手前からリビング-ダイニング。雁行配置をしながら、中庭の向うにワークスペースがあります。


敷地は住宅密集地にあり、杉並区の定める地区計画上、耐火構造であることが求められました。
また、近くを通る環状線からの遮音対策も考え、RC造とするのが自然な選択肢でした。

 

つばさの家-外観_白崎

南側テラスから見上げた外観。大きな開口と、2層ある深い庇が特徴。上部のベイマツの軒庇はテラス部分のみならず、南面の間口いっぱいに架けています。

つばさの家-アプローチ_白崎

アプローチ側からの外観。プライバシー保護を目的に、奥に開放的なリビングがあることが判らないようにしています。

RC造の場合、木造と比べて柱間の距離を大きくとることができるので、大らかな生活スタイルの建主にふさわしいスケール感を出すことができます。
また、南面に対し大きな開口を設けて家の奥まで陽光を届け、夏の強い日差しを遮るために深い庇を設けました。
さらには、家の中心に中庭状のルーフテラスを設けて周囲に開口部を設け、そこから下に光を落とす工夫をしています。

 

RC造であることのメリットやオーナーの要望を収斂していった結果、屋根や天井が「つばさ」を広げたような形状となり、大らかな家族を表現するのに相応しいものとなりました。
「つばさ」を仰ぐと、周囲から覗かれる心配なく青空が垣間見え、住宅が密集しているとは思えない「のびやかな」空間に仕立て上げることができたと思っています。

 

建築DATA

1階床面積 : 100.61㎡(30.43坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 63.64㎡(19.25坪)            夫婦+子供2人
延べ床面積 : 164.25㎡(49.68坪)     
構   造 : RC造地上2階建

 

[家づくりニュース2015年12月号掲載]

スキップハウス ~ワンルームのような家~

仲の良い4人家族。いつでも気配を感じていたいので、ワンルームのような家を希望されました。


容積率の関係で吹抜を設けることは難しく、スキップフロアとすることで、一体感を作りました。

昔ながらの住宅街に建つコンパクトな住宅です。
仲の良い4人家族で、いつでも気配を感じていたいとのリクエストをもらいました。

 

大きな吹抜を設ければ、全体的にワンルームのような設計は可能なのですが、今回は、限られた敷地で、建蔽率が40%、容積率が80%という厳しい条件でした。吹き抜けを作ると全体の面積が小さくなってしまいます。
そこで、それぞれの階を縦方向にずらし、スキップフロアにすることで建物全体の一体感を確保しました。玄関から800mm高いところにLDKがあり、そこから1,600mm階段を上ると読書コーナーがあります。また1,600mm上がると子供コーナーとラウンジがあります。更に1,600mm上がるとロフトが続きます。
玄関からロフトまで、空気は一筆書きとなり、声や気配もつながります。洗面室や浴室、トイレ、クロゼット以外は扉も無く、本当にオープンな家です。
子供の成長に伴ってプライバシーをどのように確保して行くのか課題もありますが、建主さんの要望を取り入れ、納得の完成になったようです。

 

1階は床暖房を入れ、寒さ対策をしました。エアコンはロフト部分にも設置して、冷気が下に降りてくる計画としました。また、キッチンは家具工事の造作としたり、壁はローラー漆喰にしたりと自然素材の雰囲気も出しています。

 

建主さんの楽しさが伝わるのか、大工さんも、滑り台を作ってくれたり、雰囲気の良い現場になりました。

 

建築DATA

1階床面積  : 42.09㎡(12.73坪)           〈家族構成〉
2階床面積  : 41.26㎡(12.48坪)            夫婦+子供2人
ロフト床面積 : 14.85㎡(4.49坪)
延べ床面積  : 98.20㎡(29.71坪)
構   造  : 木造2階建て+ロフト

[家づくりニュース2015年10月号掲載]

Kintaro House

kintaro house-金太郎_田中

階段上部に設置した四方向型金太郎


東京の都心に創った住宅。住み手は、夫婦と少年がふたり。
ご主人の御両親の敷地の一部が供出されました。
奥様の御両親は立派な五月人形を下さっていて、双方のご両親から「健やかに元気に」という気持ちが伝わります。
kintaro house-外観_田中

外観

あっちこっちの温かい支援があって、感謝の中で平穏な暮らしが続くように「金太郎人形」が四方から見えるように計画しました。
一階は個室などのプライヴェートゾーン。
周囲の視線も気にならない二階に、家族が集まって過ごす場所を配しました。
子育て+仕事に忙しい毎日であるのを鑑みて、家事はみんなと居る中でスムーズに捗るように、ぐるっと回れるキッチンと同じラインに機能を組み込みました。
設計をするたびに毎度思いますが、「自分が住みたい!」。
これを手前味噌と言うのでしょうねえ。
kintaro-house-室内_田中

▲食べるところから、くつろぐ場所を見る  ▲家事効率抜群のぐるっとキッチン    ▲階段を上ると徐々に見えてくる金太郎

 

建築DATA

1階床面積 : 51.42㎡ (15.55坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 51.42㎡ (15.55坪)            家族構成:夫婦+少年×2人
延べ床面積 :102.84㎡ (31.10坪)
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2015年6月号掲載]

庭を取り込む

庭を取り込む-室内_半田

内観:吹き抜けによって、冬は奥の食堂まで陽が入る。夏は大きな庇とバルコニー、樹木で日射を遮蔽。
“冬は暖かく夏は涼しい” を実現。


気持ちの良い『住まいの秘訣』の一つが “戸外とのつながり” です。
この家の庭はわずか3坪ですが、一坪を植栽に残りをウッドデッキにしています。
庭を取り込む-外観_半田

外観:道路側は高めの板塀と生け垣で囲い、シンボルツリー側に開く。
大きなバルコニーは、ウッドデッキの屋根にもなっている。
プライバシーを確保しながら緑を室内に取り込む。

キーポイントは、居間の掃き出し窓を引き込みにしていること。
1間半の大きな開口部のおかげでウッドデッキと居間が繋がります。広々として緑が身近に感じられる伸びやかなスペースになりました。
道路とウッドデッキの境は高めの板塀で仕切っています。

 

写真ではまだ生えそろっていませんが、植え込みのネットフェンスには、テイカカズラを絡ませてプライバシーを守ります。
一番大きなシンボルツリーはアオダモ。別名コバトネリコ、野球のバットをつくる落葉広葉樹、爽やかで美しい木です。
二階のバルコニーからも目線の高さで新緑や紅葉が楽しめます。
蛇籠で包んだ足下の石垣にもそのうち緑が根付くはず。
戸建て住宅は個人の資産ですが、地域の景観の一部でもあります。
わずか1坪の庭でも、木を植えることによってすてきな町並みに貢献できますよ。

 

建築DATA

1階床面積 : 45.2㎡(13.6坪)              〈家族構成〉
2階床面積 : 44.1㎡(13.5坪)               夫婦+子供2人
延べ床面積 : 89.9㎡(27.1坪)+ロフト6.6㎡(2坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2015年2月号掲載]

いなかそだちの家 ー土間とアトリエのある住宅ー  

いなかそだちの家01_丹羽

書棚とアトリエ風景

 

はじめまして、今年5月に入会させていただきました丹羽です。簡単な自己紹介です。生まれ育ったのは千葉県柏市。一卵性の双子。
成人して兄は革製品をつくる職人になり、弟の私は建築の道を選びました。双方とも28才の時に仕事を独立し、現在はお互いの住まいとアトリエが一体になった長屋をつくり、ひとつ屋根の下に8人でにぎやかに暮らしています。
何をするにも一緒・・・双子の宿命ですね・・・

 

昨年竣工した住宅を紹介いたします。敷地は300坪ほどあり、周囲には水田が広がっています。
そのような環境で育った建て主さんが望まれた家は飾らない、そしてどこか懐かしい、土間のある家でした。
(土間に台所があります。)
建築の専門家でもある建て主さんとの家づくりは、お互いが手を組み、議論を重ねながら二人三脚で設計作業が進んでいきました。

いなかそだちの家03_丹羽

切り取られた景色

素材も、空間も無駄をそぎ落としていくような作業。内部の床、壁や天井のほとんどは通常下地で使うようなベニヤ仕上げのままです。
無事工事が完了した後の内覧会には、地元にお住まいの方など大勢が見学にお越し下さいました。
その多くの感想は『アトリエからの眺めが最高ですね!』というもので、いつも見慣れているはずの田園風景が、窓で切り取られたことで一枚の絵のような印象深い景色に変わったことに驚きを隠せない様子でした。
改めて自分たちが住むこの土地のすばらしさに気づいてくださったのだと思い、とても嬉しく感じた瞬間でした。

 

建築DATA

1階床面積 : 50.77㎡(15.3坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 48.58㎡(14.7坪)            夫婦+子供2人
延べ床面積 : 99.35㎡(30.0坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2014年11月号掲載]

makinoki_House

makinoki_House室内_古川

お茶の間スペースから土間スペースを見る。


makinoki_House仕上げ_古川

構造用合板にペンキの仕上げ、木目がペンキの向こうに見える。

文京区千石に1400万円代で完成した、親子で暮らすための19坪弱の小さな木の家です。
玄関をかねた土間スペースはお茶の間スペースと建具で仕切られており、建具を開けることでリビングの延長として広く使えるようになっています。

 

さて、こちらの奥様、インドが大好き。
なんども出かけています。インドの民族衣装であるサリーに魅せられ、インドに行かれるたびにアンティークのサリーを少しづつ買い集めておられました。そして、そのサリー生地で小物を作ったショップをやりたいという夢を持っておられます。

makinoki_House外観_古川

夜景外観

この土間スペースは夢を叶えるショップとして使えるように考えています。

 

建物説明に進みましょう。
建物の骨組みは、品質管理された宮崎県産の杉材を使っています。
外壁はガルバリュウム鋼板の波板で、下地は構造用面材も兼ねてモイスを使っています。
断熱材はロックウールです。
室内の壁の仕上げは構造用合板にペンキを塗っています。これで、どこにでも棚がつれるカスタマイズ可能な壁が出来上がりました。構造用合板の木目もペンキの上から見えてなかなかきれいな仕上がりになっています。

 

今回の敷地は準防火地域ですから、窓のサッシュはすべて防火仕様となります。
サッシュの防火認定の見直しが行われ、ようやく新しい認定サッシュが出揃ったところなんですが、以前のサッシュに比べて2倍以上の値上がりとなりました。家一軒分で100万円近い増額になっています。
今回は防火仕様の新しいサッシュを使いながらの1400万円台の木の家ですから、コストパフォーマンスはかなり高いですね。

 

建築DATA

1階床面積 : 9.5坪                〈家族構成〉
2階床面積 : 9.0坪                 夫婦+子供2人
延べ床面積 : 18.5坪(他にロフト5坪あり)     
構   造 : 木造3階建て

 

[家づくりニュース2014年9月号掲載]

杣(そま)

写真:スパイラル/小林 浩志

外観は、杉板型枠コンクリート打放し仕上げに、一部栗の板材を貼って表情に柔らかさを出しています。

 

杣_2階和室

2階和室。開口部にはガラスのほか、障子とよしずの引き戸が仕込まれています。

この住宅の敷地は、高台の閑静な環境の一角にあり、公園と3面を道路に囲まれている。その3方向からの斜線制限と、北側からの高度斜線制限を受けています。

 

建物の形態は、これらの法規制限と、必要空間ボリュームから検討して、敷地形状をそのまま住宅の形にしました。
敷地のコーナーには、樹形の美しいモミジを植え、各階から公園内の桜の大木や木々と重ね合わせ、眺めることができるように考えました。

 

外観は、建築の表情に柔らかさを出すため、内外壁に杉板型枠コンクリート打放しを用いています。
一部外壁には栗の板材を貼って、コンクリート打放しになじむことを考えました。

 

構造は鉄筋コンクリート壁式造とし、内部空間から柱型をなくしました。
また、風通しが重要な課題でしたので2階の居間食堂では、1階から3階までの2つの階段をあえて見せることで、空間を縦につなぎ、高さ方向の通風を発生させるようにしました。
そして、出来るだけ深い庇のある外部空間を各階に設けて、雨除けと夏の日除けに役立たせるようにしました。
それらは建築の陰翳を醸し出すことにも寄与しています。

 

建物の外周には、塀を巡らせ、防犯とプライバシーを確保しましたが、道路境界線から20センチ程度後退させ、その部分にも下草を植え、塀に屋根を掛け、左官仕上げを用いることで、威圧感をできるだけ感じさせないよう配慮し、道行く人々にも楽しんでもらえるようにと考えました。

杣_2階リビング

2階リビング。ガラスの入った格子スクリーンの奥は、階段室を隔ててキッチンがあります。

 

建築DATA

1階床面積 : 11.72坪 (38.77㎡)           〈家族構成〉
2階床面積 : 19.84坪 (65.59㎡)            夫婦+子供2人
3階床面積 : 19.99坪 (66.09㎡)  
延べ床面積 : 51.56坪(170.45㎡)     
構   造 : 壁式RC造3階建て

 

[家づくりニュース2014年7月号掲載]

北上尾

写真:石井 雅義

北上尾_居間

「居間が中心」…居間が中心となって2階の子供室等の気配もわかります。


ご夫婦とまだ小さい男の子と女の子の四人家族の住宅です。

 

奥さんからの要望は「子供達が基本自分のことは自分で出来るようになること」

 

そのためにこちらが考えたことの一つは、幼稚園から帰った子供達が玄関ホール脇の手洗いで手を洗い、うがいをして、バッグを裏手の廊下のハンガーにかけて、その脇で部屋着に着替えて、居間に戻っておやつを食べる、という動線計画。

 

台所経由で冷蔵庫から牛乳を出して、おやつと一緒に居間に行くというサブ経路もあります。

 

おりこうさんな子供達はちゃんとこの通りに使ってくれているとのことです。

 

「お帰り」………家がぼんぼりのように街を照らします。
「コンパクト」…コンパクトな玄関ホール。正面の引き戸を開けると居間、右側の引き戸を開けるとシューズインクロークがあります。
「一休み」………2階廊下の途中に本が読めるベンチを設置しています。


建築DATA

1階床面積 : 62.33㎡(18.85坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 44.39㎡(13.43坪)            夫婦+子供二人
延べ床面積 : 106.72㎡(32.28坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2014年7月号掲載]

方円汎居(ほうえんはんきょ)

撮影:齋部 功

方円汎居-室内_藤原

居間からダイニングと中庭をみる


方円汎居-外観_藤原

カーポートから玄関への階段

この家の完成は実は三年ほど前です。
昨年ようやく、一階が当初思い描いていた通りになり、順調のようなので、あえて今月の家に出すことにしました。

 

私たち住宅設計者の役割は、依頼者の個別の条件に合わせて、その方固有の住宅を考えていくことです。
しかしこの家は逆のアプローチを経ています。
中高層住宅がスプロール的に開発されて行く環境の敷地に対して、生活を守って行くために、どんな居住者にも当てはまる戸建ての住宅はどうあり得るのか、という点から考えてみました。
道路より低い敷地故に、湿気と集中豪雨の際の被害を避けるべく、居住スペースは一層持ち上げ、その分の費用増はそこで収益をあげられるように、最初は貸ロッカー、ゆくゆくはカフェに、と計画しました。
また周囲の中高層住宅からのプライバシイー確保のため、中庭を設け、自分の家の屋根越しの陽射しが、終日入る寸法の大きさで、形状も丸くしました。
他の、間取りや仕様、ディティール等も、個別性より、住まいとして必要なものを、原則誰にも無理なく受け入れられる在り様を意識し、細部をあまり決め込まず計画しました。

 

本来普通の形態のはずが、結果として、周囲に対し、極めて固有な存在になってしまいました。
居住スペースの下の一階は、最初貸しロッカールームとしていましたが、今はその一部を、当初の予定通り、自らが運営する、手作りパンも販売するカフェにされています。
夜は家族の生活を優先し、閉めているのに、一、二週間以上も前に予約が必要な程、盛況のようです。

 

建築DATA

1階床面積 : 50.26坪            〈家族構成〉
2階床面積 : 47.37坪            夫婦+子供2人
延べ床面積 : 97.63坪     
構   造 : 二階建て(1階鉄筋コンクリート造/2階木造)

[家づくりニュース2014年6月号掲載]

八王子・和の中心の家

撮影:石井 雅義

大きな広間は縁側や出入り口とつながって、あけっぴろげ。


出入り口はL型に開放できて大勢の靴や荷物が並ぶ。

一緒に住むのではなくて、敷地の一部に「建てたらどうだい?」と親から、愛のある声をかけられる子世帯の住宅が増えました。
スープの冷めない距離というやつでしょうか。
八王子に建つこの住宅はそんな要素も含みながら、さらに経営する数店舗のコンビニエンスストアの従業員も集まって来ます。
従業員たちで草野球チームをつくっていて、それが絶妙なチームワークを成り立たせていて、スタッフみんなが積極的に頑張るすばらしい店舗経営の源になっています。
ですから、この住宅はいろんな方面の「和の中心」という役割を担っているのでした。
大きな声じゃ言えないけれど、鍵もかけない(笑)。
大きく開放していて、近所の人も寄っていくし、野菜も置いていく。
野球から泥だらけで帰ってきたチームのメンバーがシャワーを浴びて、その後子供も含めた大勢で宴会がはじまる。
台所は誰でも入って、料理が得意な人がつくる。
手が空いた人が片付ける。
従業員たちは家族のようなものとして、爽やかに「体育会系」の関係性の中で日常生活が営まれています。
大勢を許容しながら家族4人の暮らしもあって、風呂敷みたいに大きくても小さくても用が足りることが望まれました。
家具はなるべく置かずに、大勢にも対応できるように大きな座卓だけ創りました。
床はゴロンとなっても気持ちのいい柔らかく厚い杉板にして、庭とつづく半屋外の縁側とつながっています。
縁側は野球チームの泥んこの荷物を置く役割もあり、汚れたままシャワーに直行できます。
広くてL型の出入り口は、いっぺんに多人数の出入りが可能です。
夏は全開放、冬は障子よりも丈夫なダンボール状の鏡板が入った建具を閉めます。
といった訳で楽しい住宅ができたのですが、問題がありまして…
それは、なかなか人が帰らないこと! 
時間が来たら「蛍の光」が流れるような設計しないといけないかなあ。

 

建築DATA

1階床面積 : 76.76㎡(23.21坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 44.07㎡(13.33坪)           夫婦+少年×2+高齢ウサギ×1
延べ床面積 : 184.00㎡(55.00坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2014年5月号掲載]

戸外にも居間がある家

戸外にも居間がある家-室内_半田

戸外につながる大きな吹き抜けとウッドデッキ。開放感のある室内。

高性能で長寿命、しかもリーズナブルなコストを実現した住まいです。
住宅性能表示の基準で、耐震基準は最高級の等級3。
震度6強の地震でもそのまま住み続けられる強度です。
断熱性能は、最高等級を大幅にクリアー。
省エネと快適性が両立した家です。

一方、性能がよいだけでは、家族の楽しい生活が保障されるわけではありませんよね。
自分の家らしさ、年と共に微妙に変わる家族、年々よくなる設備機器等々、よい住まいには長期的な変化に対応できる包容力が必要です。
この要望を実現する秘訣は、間仕切りや設備などその時々の多様なニーズから構造フレームを自立させること。寺院や伝統的な民家を見れば、日本の木構造の寿命が、数百年以上であることは立証済みです。

戸外にも居間がある家-外観_半田

外観は、シンプルな切り妻型。居間の大きな開口部につながったウッドデッキは、戸外の居間。

住宅の床面積と敷地面積の割合は、建築基準法で地域毎に定められていますが、かなり厳しい地域でも敷地の4割以上が、戸外の余地として残されています。
室内の計画も大切ですが、現実の快適性は周辺環境あっての住まいです。
戸外計画(外構計画)を住まい計画のはじめから考えて計画すると、思った以上の住環境が実現できます。
住む人の心が豊かになる快適な住まいを実現するキーワードの一つが、敷地の総合計画です。

人生の基盤である自宅を、いかに安心で豊かにするか、そんなまじめなことを考えて家づくりをしています。

[家づくりニュース2013年11月号_掲載]

東村山の家

吹き抜けを中心に螺旋状に生活空間がつながる住まいです。

20代は、僕の師事した先生の彫刻的な作品制作の補助(助手)と、自らも未熟ながら立体作品をつくり美術展などに出展していました。自然界は渦を巻いているといわれますが、なぜか僕の作品も渦のような形態がよく現れました。

東村山の家_高野

リビングから庭を見る


住宅を設計するようになりこの感覚は忘れかけていましたが、この東村山の家はリビングを中心とした吹き抜け空間の周りに庭や和室、キッチン、ダイニング、書斎、子供室、ルーフバルコニー、寝室と渦を巻くようにスキップしながら空間がつながっていきます。生活動線をショートカットする吹き抜け中央のオブジェ的螺旋階段が回遊性を与え、家族とどこからもつながる大らかな生活空間になりました。

東村山の家_高野

ウッドデッキからリビングを見る


30歳を過ぎて建築の世界に入ると、ものをつくりながら言葉を使う必要性が出てきました。当たり前の事ではありますが、設計した住宅を建て主ご家族にしっかり説明し、雑誌に掲載する際もなぜこのような設計になったのか論理的に説明をする必要に迫られました。彫刻を作っていた時はそれほど言葉は要りませんでした。何かが発酵するように気持ちや心を込めて、身体を使って自ら汗を流し絞り出すように形にしていました。作家たちは皆、黙々と展覧会に出品します。作品の説明をすることもできません。有無を言わさず、理由も分からず入選・落選が決まり賞まで決まってしまいます。
落選すれば、展示されることもなく暗い美術館の倉庫から自ら作品を速やかに搬出しなければなりません、そんな世界でした。

こうやって言葉で自作を語るのも理屈をつけるのもいまだに苦手で、なかなか克服できません。多分これからも、僕は昔と変わらず敷地や建て主家族と対話し身体を使って粘土をこねるように、試行錯誤しながら家を作っていくのだろうと思っています。

建築DATA

1階床面積 : 63.96㎡           〈家族構成〉
2階床面積 : 47.08㎡           夫婦 + 子供2人
延べ床面積 : 111.04㎡(33.6坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2013年5月号_掲載]