【 宮野人至建築設計事務所 】の家づくり

ときわ台の家

 築35年の古い家の改修をおこないました。敷地は旗竿状で玄関までの長いアプローチには様々な木や花が植えられています。通路であり小さな庭でもあるその場所は、この家を大きく特徴づけるものといえます。その土地で育ってきた貴重な木や花を活かしながら、新しく住む人がそこに少しずつ手を入れていく……それが新しい家族の形としてそこに景色をつくっていくのです。
 改修においては現状を調査することから始まります。その中で建て主さんの望まれる空間について検討しながら、改修が必要なところを把握していくという作業が重要となります。改修においては、すべてを新しくすることが最良とはいえません。住まい手の家族構成やこれからそこにどのくらい暮らすのかなどの将来像、そして当然予算も総合的に考えなくてはいけません。そうして現状で活かせるものは最大限に利用し、そこに少しずつ新しいものを取り入れていくという作業が始まるのです。
 今回の大きなポイントは、居間として使われていた和室とそれに続く台所の改修でした。床は下地も含めて傷んでいたため、下地を直した上でフローリングを貼りました。家族の中心となるリビング・ダイニング・キッチンを一室の空間とし、新しい住まい手の生活スタイルにあった空間へと生まれ変わりました。設備機器も老朽化が進んでいましたので、キッチンや洗面、トイレなどは新しくしました。その他構造的な検討から一部壁の補強、コンセントなどの増設や電気容量の見直し、給湯器の交換などのインフラの整備をおこないました。
 このように現場の状況を見つめながら、工程が進む中で見つかる問題に対処し、これから住まわれる家族のための新しい「場所」をつくっていくということは、とても刺激的で幸せなことでした。

ときわ台の家
新しくなったリビング。以前から使われていた障子はそのまま残している。
壁は珪藻土(壁塗りは、建て主さん自らも参加。)

ときわ台の家
旗竿状の敷地の通路部分には様々な植栽が育っている。今あるこれらのものを活かし、少しずつ手を入れていくことになりそう。