NPO法人 家づくりの会 ホームページへ
家づくり大賞トップへ

[ 再生-017 ]
壬生東檜町の住宅

再生部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

京都市下京区の高辻通に面して建つ町家を改修するプロジェクトである。既に増改築が繰り返されており、建築当初の面影をあまりとどめていない。

町家では各階においてオモテの街路からウラの街区中央へと空間が抜けるが、ここでは1階のオモテから2階のウラに向けて立体的に抜けを取ることで、1階と2階とをつなぎ、空間の抜けに上昇感が加わることを図った。斜め張りにされた内部仕上げの合板が、空間のさらなる上昇感を演出する。

大きな家型の中に浮かぶ箱が寝室に、大きな階段の下部が水回りに、残りのスペースが玄関・厨房・食堂・居間に充てられる。

ファサード。
既存のレンガタイルの上にモルタルをこすって白色塗装している。
既存タイルのテクスチャがうっすらと浮び上がる。

断面ダイアグラム。
町家特有のオモテからウラへの抜けに上昇感を加える。

左:室1からの眺め。既存床および天井を撤去し、高さ6,390の吹抜け空間としている。
右:室2の出窓から室1を見る。南側の全面開口から入る光が、室1の床のタイルに反射して空間全体を明るくする。

左:洗面・浴室。開口を開け放すと半露天となる。
右:室2。主に寝室として使われる。

建設地
京都市中京区 
敷地環境
市街地
構造
木造
階数
地上2階
敷地面積
56.72㎡
建築面積
43.60㎡
延べ床面積
73.80㎡
工事費
非公開
家族構成
非公開
居住者の年齢
非公開
FavoriteLoadingお気に入り保存