NPO法人 家づくりの会 ホームページへ
家づくり大賞トップへ

[ 再生-014 ]
常盤台の家

再生部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

閑静な住宅街の一角、築35年の戸建て住宅の改修工事を行いました。

60代のご夫婦からこの地を購入されたのは、30代ご夫婦+お子様です。

木造軸組みで建てられたこの住宅は、メンテナンスが必要な個所はあるもののとても良い状態であり、愛情をもって住まわれていたことが感じとれました。

しかし、構造的な確認も必要ですので、予算の許す範囲でしたが、一部耐震壁の補強や傷みの目立った床組を新たに作り直したりしました。その他では、一部間仕切りの変更の上、水回りの機器類を新しくしたり、床、壁の仕上げの変更をし、新しい生活スタイルに対応できるように工夫しました。

そんな古くとも良いものを、少ない予算ではありましたが、優先順位をつけながらも安心して快適に暮らせる家として、改修という形で新しい住まい手へ引き継ぐためのお手伝いをさせていただきました。

1階LDK
新しい生活スタイルに合わせ、和室とDKをひと部屋のLDKにしました。
障子窓からは穏やかな光がさしこみます
床はタモの無垢材を使用。やわらかい色合いと木の暖かみが足元から伝わります。

1階LDK
真壁和室のつくりはそのままに、障子も残しました。
壁は漆喰仕上げ。施主自ら壁塗りにチャレンジし、大変愛着のあるものとなりました。

キッチン≪ビフォアー≫

キッチン≪アフター≫
レンジ周りは奥様の好きなグリーンとブルーの細かなタイルで仕上げました。
古道具屋でご主人がみつけてきた建具が、レトロな味わいを醸し出しています。

建設地
東京都 
敷地環境
板橋区
構造
木造
階数
地上2階建て
敷地面積
83.05㎡
建築面積
38.88㎡
延べ床面積
76.14㎡
工事費
300万円
家族構成
夫婦+子供
居住者の年齢
30代
FavoriteLoadingお気に入り保存