NPO法人 家づくりの会 ホームページへ
家づくり大賞トップへ

[ 再生-005 ]
矢来の家(減築)

再生部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

東京都新宿区の古くからの住宅地。親の代からの持ち家である築50年程の住宅に築40年程のアパートが増築された木造2階建ての建築に、夫婦と猫二匹が住んでいた。

古い部分を「減築」し緑を植えて庭とし、築40年程の部分をリフォームした。

1階を土間・2階を板間として、階段と吹抜けでつなげ家全体を一体の空間とした。壁のバランスを考えて一部の窓を塞いだが、窓を取り換える事はせず、古い健全な柱や梁は極力残した。古い柱に沢山残る「貫穴」を埋めて白く塗り、過去の壁や開口部の記憶を残した。書籍を沢山持たれているご夫婦のために、壁にはぐるりと固定の棚板を開口部の位置とは無頓着に回したが、一番上の棚は二匹の猫の活動のために何も置かれていない。

古い部分を作った昔の職人達に敬意を持ち、彼等との共作のようにして作り上げた住宅の内部空間には過去の温もりが伝えられることとなった。

リフォーム前の外観。
手前のブロック塀を壁として利用して平屋部分(築50年ほど)が建っている。この平屋部分を減築した。

リフォーム後の庭。
平屋部分は、減筑されて庭となり、緑が植えられた。門扉横の鉄平石の部分が以前の玄関ポーチ。

リフォーム後の1階。
内部間仕切りを抜いて全体を土間とした。正面の明障子はそのまま残された。

リフォーム後の2階。
内部間仕切りを抜いて全体を板間とした。外周壁には収納用の固定棚板が回されている。健全な柱・梁を積極的に残した。

建設地
東京都 
敷地環境
市街地
構造
木造
階数
2階建て
敷地面積
75.44㎡
建築面積
36.52㎡
延べ床面積
71.39㎡
工事費
14,473,870円
家族構成
夫婦+猫2匹
居住者の年齢
30代
FavoriteLoadingお気に入り保存