[ まちなみ-008 ]
finger hut Ⅲ

まちなみ部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

兵庫県神戸市内での3戸の建売住宅の計画である。3戸の住宅を同時に設計する機会というのもそんなにある事ではないので、ここでは、単体ではなく3戸の住宅を一体として捉えた街並みを意識している。南には大きなマンションが建っているため、全体として、のこぎり型屋根となるようにすることで、密集しながらも、それぞれの谷間から室内への採光を確保している。敷地北側には最大の特徴とも言える阪急沿線の桜並木があり、その向こうには六甲山が見えている。そして、この景色を各住戸の室内に平等に取り込むために、建物はそれぞれ、2mずつずらし、大きな開口部を設けているが、これは同時に各住戸の外観的アクセントにもなっている。

3戸の家が建ち並ぶ外観。

建物のファサードから見えていたスクエアの開口部。

玄関ホール。

はじめに建てられた一番奥の住宅のアプローチ。

建設地
兵庫県 神戸市 
敷地環境
市街地
構造
木造
階数
2階建て
敷地面積
1号地(101.24㎡)、2号地(103.33㎡)、3号地(126.30㎡)
建築面積
1号地(58.14㎡)、2号地(49.64㎡)、3号地(50.76㎡)
延べ床面積
1号地(104.73㎡)、2号地(94.09㎡)、3号地(93.17㎡)
工事費
1400万円(一戸あたり)
家族構成
不明
居住者の年齢
不明
設計者名(事務所名)
津田 茂(T-Square Design Associates)
FavoriteLoadingお気に入り保存