[ エコロジー-002 ]
深谷の家

エコロジー部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

深谷山荘は阪急夙川駅から15分ほどのところに位置している。

阪急夙川駅周辺は苦楽園や芦屋と共に、六甲の自然と共生する緑豊かな住環境を形成している。

敷地は住宅街の中、小高い山の中腹に位置する。

道路から10Mほど敷地が高く、夙川の風景が一望できる。

この眺望を最大限取り入れ、周囲の自然の中にいることが感じられる空間を目指した。

コンクリートの壁が中へと導くように建物を貫通して設けられている。
コンクリート壁の廻りはガラスで玄関から内部を越えて裏の自然と一体化することを意図する。

空中を登るように階段周りもガラスで外部との境を形成する。
崖地条例により、道路から30°のところまで基礎が必要とされ、
大きなコンクリートの塊が斜面に建つ建物をしっかりと支えている。

1階にプライバシーを確保するため、寝室や子供室などの個室と洗面浴室を配置。
眺望を獲得する2階は大きなワンルームとすることで内部も広がりを持たせている。
内の広がりから、デッキを介して外の六甲や夙川の風景を含め、壮大な広がりを感じることができる。
2階のワンルームから眺望を妨げないよう、出隅角はすべてガラスとし、柱をなくしている。

玄関からの視線の抜けと2階の眺望を獲得するために、あまり目立たないが、
120*360の梁を抱き合わせ・合成梁を多用し、構造的にはかなりアクロバットな形状となった。
また全体的にの音楽や空調、照明、ブラインドをスマートフォンなどで操作できるように、IRケーブルで機器同士をつなげ、リビングの家具内に機器を全て集約している。
プロジェクターとスクリーンを利用すれば、2階はくつろぎのシアターへと変貌する。
施主の要望を詰め込んだこの住宅が、家族の絆をより強固なものにしてくれることを願っている。

建設地
兵庫県西宮市 
敷地環境
住宅地
構造
木造
階数
2階建て
敷地面積
547.38㎡
建築面積
84.38㎡
延べ床面積
129.19㎡
工事費
-
家族構成
-
居住者の年齢
-
設計者名(事務所名)
大江 一夫(マニエラ建築設計事務所)
FavoriteLoadingお気に入り保存