[ エコロジー-009 ]
羽ノ浦の家

エコロジー部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

この地域は、風がさまざまな方向から風が吹く地域である。イメージとしては、敷地の周囲と自然に繋がっていくような、ちいさな築山や緑に囲まれたながらも、地域の田園と連続していく、そんな雰囲気で過ごす住まいを考えた。建物中央のLDKは、4方からの通気と採光とし、廊下をなくし床面積を小さくすることで、空調負荷を抑え、できるだけ電気に頼らない生活を目指している。廊下をなくす事で個室とLDKを、それぞれの延長として相互に利用できる、コンパクトでありながらも広がりのあるプランとなっている。建物周囲に、残土を利用した築山(表面は雑草除けの砕石)を風除けとして造成している。花を生ける器のように、築山ごとそれぞれに、違った植栽を植えていく予定である。

スケッチ
プランニングとしては、まずは小さな築山をいくつかつくることを考えた。その間に建物を設置していくようなイメージで計画が進んだ。設計の後半で、当初の予定より少し敷地が小さくなり、現在の配置に落ち着いた。
最終的には、家族が住まいながら、それぞれの築山に好きな植栽を植えていき、景色をつくっていくことで、建物が完成することを目指している。

外観
建物周囲には残土を利用した築山を造成し、将来的には、風除けも兼ねた植栽が植わることで、景観を形成することを考えている。現在は雑草除けとして、砕石を置いている。

LDKの様子
皆があつまる中央のLDK からは、4方向に景色が見え、風によって動きのある、この場所ならではの景色が体感できる。また、ライフスタイルとしてはリビングスペースで食事することが多いので、ダイニングとリビングの間に、キッチンスペースを持ってきている。

LDKと個室
廊下をなくす事で、個室とLDKをそれぞれの延長として相互に利用できる、コンパクトでありながらも広がりのあるプランとなっている。
子供が成長するまでは、将来の子供室をリビングとして利用したり、子供が成長するとダイニングのテーブルをワークスペースとして利用したりする予定。

建設地
徳島県阿南市 
敷地環境
田畑が広がる地域に建つ
構造
木造
階数
平屋
敷地面積
333.00㎡
建築面積
95.03㎡
延べ床面積
69.62㎡ 
工事費
2000万円台
家族構成
夫婦+子供1人(最大子供3人を想定)
居住者の年齢
30代前半
設計者名(事務所名)
藤原 慎太郎 + 室 喜夫(藤原・室 建築設計事務所)

図面

FavoriteLoadingお気に入り保存