[ 生活-011 ]
囲いを纏う箱

生活提案部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

敷地は、市街地にぽっかり空いた田園地帯に面している。東西に戸建て住宅、北側に2階建てアパートが建ち、南側は2m程の崖を介して田畑を臨む。周辺には、かつて土手を形成した石積みがそこかしこに残る。この住宅は、RC造の箱が、木造の外壁と屋根を纏うようにして構成されている。プライバシー性の高い寝室や風呂はRC造の箱の中、LDKは箱の上、多目的スペースや玄関ホールは箱の周囲に配される。木造外壁の上部と下部にはサイドライトが廻り、近隣の視線を遮りつつ、光を柔らかく取入れている。眺望のある南側には大きな開口があり、外の景色を内部に呼び込み、LDKや多目的スペースは開放的な空間となっている。屋根は8mスパンの張弦梁が支え、屋根荷重は木造、2階床荷重はRC造が負担し、荷重を分散している。南西の崖には石積みで段を設け、建物を埋め込んで内部に段差を取り込むことで、擁壁によらない崖対策とし、景観に配慮した。

リビングより南側開口部をみる。ベランダを緩衝空間とし、外部と段階的に繋がる。コンクリート立ち上がりの天端が揃っていること、木造外壁の内外の仕上げが同じこと等が、内部と半屋外の連続性を担保している。駐車スペースが視界に入らないよう、LDKは2階となっている。また、LDKは、周囲が吹抜けのため、実際の面積より空間が広くなっている。

リビングよりキッチンをみる。木造外壁の仕上げは、赤みの効いたダークグレーのため、夜になると闇に紛れてしまう。外壁の存在は消え、スポットライトに照らし出されたキッチンが、闇に浮かぶ。キッチンカウンターを挟んで床に1段段差があり、リビングはさらにもう1段上がる。この段差により、キッチンに立っている人、カウンターに座っている人、リビングのソファに座っている人の目線が近くなり、一体感のある空間となる。

多目的スペースは、個室が狭い代わりに設けられたサブ家族室である。囲いに見立てた木造外壁とコンクリートの壁に挟まれ、路地のような空間となっている。床に700のレベル差があり、床はカウンターテーブルへ変化する。半地下のため、カウンターからは地窓越しに植栽が近く見える。吹抜けを介しLDKとも繋がり、家族がそれぞれ好きなことをしつつ、お互いの存在を感じられる空間となっている。

空間が少しでも広く感じられるように、洗面と風呂はガラスで仕切っている。共働き子育て世代のため、普段の洗濯は夜に行われる。そのため、室内干し専用スペースを設けた。吹抜けだらけ・ガラスだらけの室内環境を整えるため、床拭き出し空調を採用している。床から乾いた空気が供給され、天井で換気されているため、夜間の室内干しでも朝には乾いている。

建設地
静岡県裾野市 
敷地環境
田畑が点在する市街地
構造
RC造と木造の平面的混構造
階数
2階建
敷地面積
248.72㎡
建築面積
80.01㎡
延べ床面積
112.58㎡
工事費
2000万円台
家族構成
夫婦+子供2人
居住者の年齢
父(40) 母(35) 長男(5) 長女(2)
設計者名(事務所名)
根上 英志(根上建築研究所)

図面

FavoriteLoadingお気に入り保存