[ 生活-008 ]
牛久の家

生活提案部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

夫婦と男の子3人(小学校・幼稚園)の住宅です。

郊外に建つ普通の住宅ですが、プランの要望が少し変わっていました。

LDKと子供部屋を隣接させ雰囲気を共有するという事は何度か提案してきましたが、

この家は、LDKと3人の子供スペースがワンルームとなっています。

家具やロールスクリーンで仕切って使おうというコンセプトです。

ロフトを確保していますので、ロフトを書庫(図書館)のような使い方をして、子供スペースの拡張要素としています。

建物は単純な家型で、ロフトとリンクして開放的な構成になっています。

郊外ですが土地の面積は限られており、それぞれの個室の確保には工夫が必要でした。
外観は単純な家型をしており、ガルバリウム鋼板の角小波にウエスタンレッドシダーのデッキを設けました。

2階LDK+子供スペースです。
写真の左側の合板現し天井のエリアが、子供3人分のスペースです。

反対側から見ています。
写真の右側、化粧柱の右側が子供スペースになります。

キッチンもオープンですし、2階はいつも賑やかなフロアです。
ライフスタイル的には、今後どのように使いこなしていかれるか、とても楽しみにしています。

建設地
茨城県牛久市 
敷地環境
郊外
構造
木造在来工法
階数
2階建て
敷地面積
104.28平米
建築面積
64.80平米
延べ床面積
117.59平米
工事費
2000万円台
家族構成
5人(夫婦+子供)
居住者の年齢
40代
設計者名(事務所名)
石黒 隆康 + 有馬 恭子(一級建築士事務所BUILTLOGIC)
FavoriteLoadingお気に入り保存