[ 生活-015 ]
空と暮らす家(スキップフロア)

生活提案部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

三方を住宅で囲まれた、北側道路の変形地に建つ住宅。建蔽率と高度斜線が厳しい中で、容積率緩和のある半地下(RC)を利用して、生活に必要なスペースを計画。半地下からロフトまでのスキップフロアの構成として、動線の効率化を測りつつ、空間に繋がりと変化を与えています。南側の宙に浮いたデッキテラスは、壁で囲った空に開いた場所で、落ち着きと広がりを室内にもたらし、同時に、四季折々の表情を都市の中の日々の生活に届けてくれます。

半外部の宙に浮いたデッキテラスを取込んだ広がりのあるLDK。デッキテラスを囲む白い壁が、内部のプライバシーを守っています。
デッキテラス側には天井の高いダイニングキッチンがあり、高窓を通して光が入ります。手前のリビングのコーナーには、子供が宿題をしたり、家族で使うワークスペースを設けています。

南側にあるアイランドキッチンからは、切り取られた空やシンボルツリーが見え、家族と会話しながら調理ができます。
半層吹抜けた天井の高いダイニングキッチンからリビング側を見る。吹抜け上部の開口は子供室の様子を家族のスペースに伝え、同時に南北に長いこの建物の風の流れ道になっています。左下の開口は、LDKから半階下がった位置にある玄関との間の室内窓です。

最上部にあるご主人の書斎(ロフト)から斜めに見下ろす。正面奥の子供室には南の光と風が直接入り、窓下の開口を通してデッキテラスまで見通すことができます。
子供室は将来2室に仕切る計画ですが、当面はおもちゃを出しっぱなしにもできるオープンなプレイルームとして利用します。手前の階段の左側には、朝日の入る物干バルコニーが設けられています。

北側にある玄関に入ると、半階上がったLDKとの間の室内窓を通して、明るい南側のデッキテラスまで視線が抜けていきます。
空の色を濃くしたようなダークブルーの外壁はガルバリウム鋼板の竪ハゼ葺き。片持ち構造の玄関ポーチの一部を利用して駐車もでき、右のコンクリート塀の裏に自転車を置きます。
まだ小さな子供さんが道路に飛び出して行かないように、門扉と跳ね上げ式きの駐車ゲートを備えています。

建設地
東京都杉並区 
敷地環境
市街地
構造
地下RC+地上木造(SE構法)
階数
地下1階、地上2階建て
敷地面積
96.86㎡
建築面積
48.42㎡
延べ床面積
110.16㎡
工事費
非公開
家族構成
夫婦+子供1人
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
石井 正博 + 近藤 民子(設計事務所アーキプレイス)

図面

FavoriteLoadingお気に入り保存