[ 生活-021 ]
東村山の家

生活提案部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

自然界は渦を巻いていると言われていますが、この家も、玄関から2階の寝室まで渦を巻くように空間が連続して繋がっていきます。家の真ん中1階にリビングがあり、それを囲むようにダイニングキッチン、書斎、ファミリークローク、子供室、ルーフデッキ、寝室と螺旋状に生活空間がつながります。さらに家の中心にある生活動線をショートカットするオブジェ的螺旋階段が回遊性を生み、家族とどこからも繋がる大らかな空間となりました。

 

機能優先の慌ただしい現代社会にあって、この家は吹き抜けの空間(家族)を見ながらゆっくりとその周りをスキップしながら登り降りするように室内が構成され、どこかゆとりと豊かさを感じさせる住まいとなりました。子供の頃道草した時のように、ふと足を止めて、自然や時の流れを楽しむそんな生活空間の提案をしています。

 

大木の中をくり抜いたところがリビング、まわりにダイニングキッチン、ウッドデッキや書斎、子供室、寝室が枝葉のように繋がった大きな大きな樹のような空間に仲良し家族が元気に住んでいます。

螺旋状につながる生活空間をショートカットする時は、家の中心にあるこのオブジェ階段を使う。生活空間は「2階から掃除をすると、一筆書きのように掃除が終わってとても機能的ですよ」と奥様。少し遠回りのようで一見不便に感じるこの住まいは、実は家族の心に機能的に働いていました。

生活も人生もやはり、確実に一歩一歩が良いようです。
「急がば回れ・・・・」そんな生活空間になりました。

写真左)書斎から吹き抜けを介してダイニングスペースを見る。
ダイニングの先には、敷地内の緑と重ねた隣家の緑が広がり、朝日がたっぷりと注ぎ込む。

写真右)一階リビングから5段上がったところにダイニング・キッチン・水回りがある。
その床下生活の舞台裏、収納力十分の5帖大の収納スペースになっています。

玄関から庭に続く「通り土間」、和室から庭で愛犬と遊ぶ子供達をみる。リビングと和室の間に土間がありますが幅が狭いので一歩でまたげます。愛犬が通るにも良いスケールです。懐かしくて新しい「通り土間」のある生活空間を提案しています。

建設地
東京都東村山市 
敷地環境
市街地
構造
木造
階数
2階建て
敷地面積
277.87㎡
建築面積
72.73㎡
延べ床面積
111.04㎡
工事費
-
家族構成
夫婦+子供2人
居住者の年齢
夫40歳 妻38歳 長女13歳 長男11歳
設計者名(事務所名)
高野 保光(遊空間設計室)
FavoriteLoadingお気に入り保存