[ 快適-013 ]
吉野杉の家

快適空間部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

懐かしさ漂う木造家屋が立ち並び、木の香る木材置場の一画。木材業を営む お施主様の意向は「吉野杉で家一棟」。

いつものように お施主様の想いや生活スタイル、将来計画を、お伺いすることから始まり、光や風を測定しその地の環境を

建物に伝えました。私も推奨するW発電[0エネルギー住宅]を計画し、陽光を十分に受ける片流れの屋根を設計。

道路高低差が1m弱あった北面は間延びを避け、2階部分をキャンチ構造にし、素材で区別しました。

また、プライバシーとコミュニティーを分けたいとの お施主様の意向により1階と2階を区別するよう玄関を階段室に、

収納のある勝手を家族の玄関とする設計をしました。

吉野杉・自然エネルギーを中心に未来もずっと、暮らしやすい[受け継がれる家]になりました。

自然を大切に思う お施主様と想いをひとつにし 一緒に創った いい家になりました。

片流れの屋根により、北面の印象をそこなわないよう
素材の変化とキャンチ構造にすることによりアクセントを。
また、窓をだかせることで、壁の厚みにも変化をもたせました。

大きな吹き抜けをとり、縦に広がる豊かさと
陽光の落ちつきが共存する心地のよいリビング。

リビングダイニングには、ピクチャーウィンドウを多用し
解放感を演出。
自然の景色(風景)を採り込む。

空間をつなぐ廊下を、書斎兼スタディースペースとし
コミュニケーションを創造。
窓、吹き抜け、窓という抜けをつくり
風と視の広がる場所に。

建設地
奈良県 吉野郡 吉野町 
敷地環境
郊外
構造
木造
階数
2階建て
敷地面積
238.03㎡
建築面積
73.85㎡
延べ床面積
1階 62.26㎡   2階 48.02㎡   計110.28㎡
工事費
3000万円台
家族構成
ご夫婦二人+お子様二人
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
西浦 敬雅(株式会社 建築工房en)
FavoriteLoadingお気に入り保存