[ 快適-018 ]
KAPPAはうす

快適空間部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

ご主人は、大阪のご出身。奥様は与論島。
東西にまっすぐ伸びる農道に合わせ、低い軒を長く見せるようにしました。高さを抑え、普通に目立たず、完成した時に、ずっと前からここに建っていたような。小さな盆地に外から入ってきたご家族が、自然に、人にも風景にも馴染んでしまう。そんなことを、イメージしました。
列柱縁側に面した開口部、風をぬきながら北に広がる風景を眺める小さな開口部。いつでも遠野を感じられる工夫です。
材料にも拘ってみました。
岩手県のもの:栗のフローリング、杉、県推奨の唐松集成材、エンジュ床柱
大阪のもの :池田炭 赴任していたことのある山形の紅花漉込みの襖紙
与論島(沖縄)のもの:ウコン和紙、月桃紙 注:与論島は鹿児島県です
故郷を思いながら遠野の生活に溶け込みます。
新築にあたり、ご主人はファイナンシャルプランナー、奥様はインテリアコーディネーターの資格を取得。夫婦力を合わせての家づくりでした。

厳しい冬にも暖かい陽だまりになる列柱で囲まれた縁側。
東京に比べ陽射しも低いので冬は部屋の奥まで陽が差します。

フローリングは岩手県のクリ。
和室から縁側まで広々としたリビングダイニング。
和室にはウコン和紙など故郷の材料が織り込まれています

閉じると行灯のような和室。遠く離れたご両親がたずねてきたときには寛いでいただけます。

北側の小窓を通して、昼は遠野の風景が、玄関から入ったとき、食事をしながら、和室で寛ぎながら、階段を上りながら、トイレをしながら、浴室から、勉強スペースから、書斎から、、、いつでも臨めます。

建設地
岩手県遠野市 
敷地環境
市街地から車で数分走ると、こんな長閑な日本の原風景が広がります。十分も走れば、かっぱ伝説で有名な河童淵。
構造
木造在来工法
階数
地上2階建て
敷地面積
496.00m2
建築面積
151.63m2
延べ床面積
建築物全体:203.51m2
工事費
4500万円
家族構成
夫婦+長男+長女+次女+次男=6人
居住者の年齢
38歳・12歳・10歳・6歳・3歳
設計者名(事務所名)
倉島 和弥(RABBITSON一級建築士事務所)
FavoriteLoadingお気に入り保存