[ 快適-002 ]
M4-House「重なり合う家」

快適空間部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

長崎県の閑静な住宅地に位置するこの住宅は、プライバシーや防犯性能を確保しつつ住環境の充実とデザインを両立させることをコンセプトに設計されました。

外観は様々な方向から建築を重ね合わせ、かつ全体のイメージとしてリズム感のあるものにする為に庇の高さや、壁の位置を細かく設定し、建築に立体感を持たせました。

住宅の断熱性能はもちろん、塗料や建材も自然素材にこだわり、住宅に住む家族、特に子どもたちに優しい住環境を目指して設計しました。

 

住宅の中庭は外観とはうってかわって、中庭に面した外壁には大きな開口部を設けました。

プライバシーを保ちつつ、良好な住環境を構成する事が今回の住宅の大きな目的であり、中庭はリビングと一体とした空間として設計しました。

中庭に自然を創りだし、その自然が住宅全体に広がっていく様にデザインしました。

中庭から広がった自然はリビングの天井や壁を広がってゆきます。


落ち着いた木の風合いと、中庭に面した大きな開口部から差し込む光によって、明るく清潔感のあるリビングになりました。

夜になると中庭にはリビングからの柔らかい光が漏れ、昼間とは全く違った印象を与えます。

明るく躍動感のあった中庭は一転し、シックで雰囲気のある中庭へと変わります。

リビングのインテリアも住宅の外観をイメージしながら、リビングの雰囲気を壊さない様デザインし、家族での団らんのひと時を静かに見守る。

間接照明やスポットライトなどによるライティングにも拘り、米杉のシェードを通した光の見え方なども考慮しながら設計しました。

建設地
長崎県東彼杵郡 
敷地環境
住宅地
構造
木造軸組面剛性構造
階数
地上2階建
敷地面積
195.15㎡
建築面積
120.61㎡
延べ床面積
168.91㎡
工事費
非公開
家族構成
夫婦二人+子ども三人
居住者の年齢
非公開
設計者名(事務所名)
佐藤 正彦(株式会社アーキテクト憧)
FavoriteLoadingお気に入り保存