[ 作り方-004 ]
fe

作り方部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

計画地は、南側には比較的広い道路、西側には住宅街に入る道路がある南西角地にある。依頼主は家族で鉄工所を経営していることもあり、仕事の合間に趣味程度に鉄の家具を色々製作されており、初めてお会いした時にそれらの作品写真を見せて頂いた。そして、ご自宅でも自身で何か作れたら良いというお話から今回の計画は始まっている。計画当初から建物内外で鉄を多様したいという施主の意向から色々と検討を重ねた結果、コールテン鋼なら、外部に使用出来、入手及び加工が自社で可能=コストを抑える事が可能ということで、使用材料が決定された。そこで、敷地条件を活かし、鉄の表情が全面的に外に現れた建物に出来ないかということから、建物南側には全面開口部を設け、その前面には全面コールテン鋼のルーバーを製作し、2枚の木壁の間に挿入している。時間を掛けて錆びる様子を楽しむ事が出来る住宅である。

LDK空間には、スチール棚やキッチンの囲い、ダイニングテーブルのスチール脚など施主制作の作品が光る。キッチン上部はロフトになっており、音楽好きの旦那さんの趣味部屋となっている。

リビングテラスの向こうには、施主の工場で加工したコールテン鋼のルーバーが見える。
大きな前面道路に面していながら、外からの視線をカットし、十分な光と風を室内に届けている。

玄関の庇、玄関扉もコールテン鋼で制作。

1階主寝室のテラス。テラスとコールテン鋼のルーバーの間に植栽が植えられ、気持ちの良い外部空間となっている。置かれているのは施主がオリジナルで制作された椅子。

建設地
兵庫県 尼崎市 
敷地環境
市街地
構造
木造
階数
2階建て
敷地面積
122.04㎡
建築面積
51.78㎡
延べ床面積
86.28㎡
工事費
2000万円
家族構成
夫婦+子供2人
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
津田 茂(T-Square Design Associates)
FavoriteLoadingお気に入り保存