[ 間取り動線-007 ]
みなも

間取りや動線部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

岡山県にある住宅が密集する山の上の団地に、家の中の風景を写しだす「みなも」がある住宅を計画した。

家の中心に水面を配置し、それを囲うように建物はロの字の形をしている。みなものまわりには大開口をもうけ、家が密集している団地の中でありながらプライバシーも確保した。

ロの字の内部はリビングからダイニング、キッチン、フリースペース、寝室、クローゼットまで仕切りが無いワンルームとしている。その時々の用途や子供の成長に合わせて間取りを自由に変えれるように計画した。この場所へソファーを置けばリビングとなり、ベットを置けば寝室というスペースが作り出される。あえて部屋の名称を設けていない計画となっている。

どこにいても見える生活の中心である「みなも」は、朝方、夕暮れ、晴れの日、雨の日、風の日、雪の日、24時間そして365日違う風景を写しだしてくれる。水面を囲うように間取りの計画がなされた仕切りのないワンルームの暮らしに、家族4人心地の良い空間を満喫している。

 

みなもは排水口を閉めれば雨水で満たすこともできる。
外へ出掛けれない雨の日。そんな日でも家の中で雨の日を楽しみたいというクライアントの思いも込められている。

キッチンからリビングを見る。
建物の中は仕上げを施さず、コンクリート打ち放しのひとつづきのミニマムな空間。
みなもから反射したやわらかい光が無機質なワンルーム空間をやさしく演出する。

外断熱工法を用いたコンクリートの外観。
外観はシンプルな平屋とし窓を設けていない。内部空間がどのようになっているのか期待してしまうたたずまいである。

仕切りのない間取りであるからこそ、廊下はただの通路ではなく空間の一部として設計した。
足元の地窓からは水面の揺らぎが乱反射する。

建設地
岡山県赤磐市 
敷地環境
団地
構造
鉄筋コンクリート造
階数
平屋
敷地面積
246.13㎡
建築面積
107.47㎡
延べ床面積
98.91㎡
工事費
-
家族構成
4人
居住者の年齢
40代
設計者名(事務所名)
河島康+水嶋辰也(風景のある家.LLC)

図面

FavoriteLoadingAdd to favorites