[ 間取り動線-012 ]
スリットで繋がる一石二鳥の収納通路

間取りや動線部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

やっぱり収納スペースは欲しい
でも、収納だけのスペースをつくる広さもない
日々モノが増えて行く元気な男の子が3人も居るこの家には
収納スペースのような、部屋のような、通路をつくりました

キッチンと、玄関や水廻りを繋ぐ回遊式のプライベートのショートカット動線となり
部屋に囲まれ暗くなる場所でも、中は視えないようにスリット窓を設けて
隣の部屋から光が伝わり、お施主さんも「ここは特別な空間ね!」と
汚しても散らかしても良い自由な部屋としても使う事になり

「ただいま~~!」と帰ってきて
ランドセルを投げ入れて、すぐ遊びに行く子供たち
お母さんの居るキッチン横で安心して遊べる、こどもたちの秘密基地にもなり
オモチャがLDKに溢れないのでお母さんも大満足
家事備品もたっぷり収納出来て
もちろん、リビングダイニングを通らず水廻りに行けるので
一粒で二度美味しい、一石二鳥な空間になりました

上部に開けられたスリット窓は、隣の洗面室から光を取り込み
中は覗けないプライベートな空間になっています

外部(右側)に面した洗面室の光が収納部屋(左側)を明るくします

キッチンと収納部屋を繋ぐスリット窓は、扉を閉めたままでも
中の様子も確認できるのでお母さんも、こどもたちも安心です

建設地
愛知県知多郡 
敷地環境
市街地
構造
木造
階数
2階
敷地面積
272㎡
建築面積
101㎡
延べ床面積
138㎡
工事費
家族構成
夫婦+こども3人
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
後藤孝(後藤建築設計)
FavoriteLoadingAdd to favorites