[ 環境-003 ]
縦格子の家

環境部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

建主さんからの要望の一つに、夏の夜や不在時にエアコンを使用しないで、通風を活用したいというものがありました。

西側全面道路に向けて、縦格子を儲け、各階に通風用の小窓を設置することで、通風とプライバシーの確保、防犯を両立しました。

この3層に渡る長さ約6mの杉無垢材の縦格子は、住まいの顔としての役割も果たしています。

西側前面道路での離合や停車が可能なように配慮し、道路から建物を3.5m以上離すことで、近隣へ貢献しました。

通風に関しては、上下水平に風が通る流れるようなプランとして、不在時でも解放可能な高さ12㎝の欄間付アルミサッシ等も採用しています。

1階和室
西面の障子窓+アルミサッシの外側に、前述の杉無垢材の縦格子があります。

最上階の小屋裏収納
西面アルミサッシの外側に、前述の杉無垢材の縦格子があります。
写真正面の杉無垢材の縦格子は、階段吹き抜け部分への落下防止柵です。

1階リビングからダイニングへと流れるプラン。
南側中庭に向けての掃き出しサッシは、不在時でも安心して解放できる高さ12㎝の欄間付きです。

2階子供室
南面のハイサイドサッシからは十分な採光があり、天井傾斜の先にある北面小窓との間で、季節ごとに快適な通風が得られます。

建設地
東京都 
敷地環境
住宅地
構造
在来木造
階数
地上2階
敷地面積
153.39㎡
建築面積
59.35㎡
延べ床面積
118.70㎡
工事費
家族構成
夫婦+子供
居住者の年齢
設計者名(事務所名)
坂東順子( J環境計画 )
FavoriteLoadingAdd to favorites