[ 環境-004 ]
閉じて開いて

環境部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

閉じながら開く家。

周囲を歩く人からは生活が見えないように閉じ、2階から眼下に広がる眺望と、道路側の林に向かって一気に開放する。

仮面の中には光と周辺環境が繋がった豊潤な空気感が漂っている。

アプローチ部。
眺望が見えるまでに敢えて時間をかけて演出する。
後に待つ眺望への布石となる。

中庭と一体化した玄関ホール。
柔らかい光で満たされています。
玄関ドアを開けると西の林が少し見えます。

西の眺望と、東の林に向かって大きな窓を配置。
ダイニングやキッチンから東の眺望や西の林を眺めることが可能です。

東面の眺望を見る。
閉じた外観とは一変し、空や眼下に広がる眺望と一体化する。

建設地
兵庫県芦屋市 
敷地環境
住宅街
構造
木造
階数
2階建
敷地面積
建築面積
延べ床面積
工事費
家族構成
ご夫婦+お子様
居住者の年齢
設計者名(事務所名)
鈴木俊彦(SQOOL一級建築士事務所)
FavoriteLoadingAdd to favorites