[ 環境-006 ]
閉じながら開く家

環境部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

郊外にある敷地周辺には都市への動脈となるインフラの高速道路や鉄道、目の前には車の行き交う県道があります。

また自然環境は入間川と加治丘陵に挟まれた緑豊かな環境にあり、住宅どうしの間隔も広く近所には空き地も多く残り、やや閑散とした土木的なスケールを感じます。

自然は豊かではあるが人工物とのアンバランスさにより、住むことに対して不安にさせる敷地でもありました。

この郊外の敷地に若い夫婦の住宅を建築をするにあたって、まず安心できる家族の領域をつくりだすことが重要だと考えました。

広大な郊外のスケールに対して「ここまでが自分たちの環境なんだ」と思える様なアウトラインで敷地を囲む事によって周囲のスケールアウトした外部環境から身を守り、開く部分と閉じる部分を持つ、この住宅だけで完結しない外部環境を意識した家づくりを試みました。

住宅の外観です。1階はルーバーが外壁からフェンスになり巻きついています。
ルーバーにより住宅内のプライバシーを保ちます。ルーバーとコンクリートの壁の隙間が玄関になります。

内部の板張りの壁から外部のルーバーが繋がって家族の領域を形作ります。
吹抜けのFIX窓から奥に見える加治丘陵までを住宅に取り込むためにルーバーで視線を制御しています。

動的な1階は木のインテリアにして2階の白い壁と対比関係をつくっています。
昼間は1階で過ごすことが多いので明るすぎず、2階の白い壁からの反射光で室内に明かりを満たします。生活の切替のために繊細な鉄骨階段を部屋の主役にしました。

家を出るときと帰るとき優しく迎えられるように、柔らかな光で包まれた玄関を作りました。未舗装の道路からの土ぼこりもコンクリートの壁で防いでくれます。

建設地
埼玉県入間市 
敷地環境
郊外
構造
木造
階数
2階建て
敷地面積
141.76㎡
建築面積
77.32㎡
延べ床面積
109.58㎡
工事費
-
家族構成
夫婦+子供
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
白砂孝洋建築設計事務所

図面

FavoriteLoadingAdd to favorites