[ 素材-004 ]
23doors

素材部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

本における『扉』絵とは、本の中身に興味を抱かせる重要な要素であり、その一片(表紙という一枚の額)の先に待ち受ける世界観を暗示させる。

 

建築における『扉』や『窓』も、異なる空間に移動する際のきっかけをもたらす要素であり、部屋やシーンを構成する上で書く事のできない不可欠な素材となる。

 

この住宅に用いた23枚もの『扉』は、建築主が直接英国で買い付け入手した物であり、それぞれ元にあった場所や歴史の記憶を持ちつつ、新たな役割を得ることで、更に家族の記憶を重ねていくアイテムへと生まれ変わった。

 

扉・家具・照明は再塗装やサイズの変更をすることなく、各職人の技術によって個別に納まり調整を施し、新たな住人の暮らしを彩る。

 

各々個性を持った『扉』が次なるシーンへと来訪者を誘う。

■キッチン
こだわり抜かれた素材(キッチン・コンクリートカウンター・モザイクタイル・照明・扉・食器)がシーンを織り成す

■WC
納屋に取り付けられていた五角形扉をWC扉に

■本棚
壊れた棚に付いていた扉を取り付けて壁面収納型の本棚に(左の影は外柵を階段手摺に流用したシルエット)

■子供部屋
高さ1400cm程度の扉を床から10cm程浮かせ子供部屋ならではのシーンを演出

建設地
福岡市 
敷地環境
住宅地
構造
木造
階数
2階建
敷地面積
477.55㎡
建築面積
163.13㎡
延べ床面積
230.76㎡
工事費
家族構成
5人家族
居住者の年齢
祖母+夫婦+子供2人
設計者名(事務所名)
株式会社WEDGE+小田一喜設計工房
FavoriteLoadingAdd to favorites