[ 素材-003 ]
タイルの可能性

素材部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

1枚1枚貼れる、というタイルの特性を活かし、4色のタイルを丁寧に割り付けました。

1色でまとめがちなタイル貼も、大きさを揃え、色を4色入れることで、他にはない表情豊かな空間に仕上がりました。

住宅でありながら、どこかギャラリーのような場が生まれています。

割り付けは色紙を切り貼りして検討し、何度も微調整を加えて完成しました。

キッチン部分の写真です。
キッチンの大きさや配置も含めタイルの割り付けを考えています。

施主様がお持ちの宝箱とタイル、アクセントクロスの組み合わせです。
要素を減らすことが日本の建築の主流ですが、敢えて色を出していく構成も面白いと思います。

1階のDKから2階のギャラリーを眺めたところ。
大好きな色や物に包まれるお客様だけの特別な空間になりました。

建設地
兵庫県芦屋市 
敷地環境
住宅街
構造
木造
階数
敷地面積
254.15㎡
建築面積
71.91㎡
延べ床面積
134.00㎡
工事費
非公開
家族構成
夫婦2人
居住者の年齢
40代
設計者名(事務所名)
鈴木俊彦(SQOOL一級建築士事務所)
FavoriteLoadingAdd to favorites