[ 素材-009 ]
倉庫のような家

素材部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

「倉庫をリノベーションしたような住まいを。」という言葉からスタートしたプロジェクトです。近年住まい方の多様化もあり、金額面を考え既存倉庫をリノベーションしたような住まいが流行っています。しかしながら実際、しっかりと住居として考えるには断熱性能や構造面を配慮する必要があり、結局のところ新築並みの金額がかかってしまうことが多くあります。そこで本計画では新築でありながら、壁や天井や柱といいた要素の素材にこだわり「倉庫をリノベーションしたような住まい。」を造り出し多様で豊かな空間を試みました。

構造の柱や梁、下地材の合板が現れた木造倉庫のような空間です。柱・梁がむき出しで、倉庫のような「粗さ」といったものを感じることができるが、繊細な施工により、インダストリアルな雰囲気のおしゃれなほどよい空間を生み出しています。
水まわり・収納など生活のための機能を集めた「箱」をつくりプライバシーはしっかり確保しつつ、フレキシブルに使えるようにしています。

壁にクロスを貼りたくないという要望を受け、あえて下地材で使うようなラワン合板をむき出しにし、素材感を引出しています。基本的にはやや赤みのある素材ですが、白っぽいものもあり、同じ色味のものを自分たちの目で確認しながら選定しています。
また、柱を見せた意匠になっているため、大工工事の際柱に傷がつかないように慎重に作業を進めていきました。

また、ハンガーパイプにもこだわっており、SPG白管をそのまま使用しています。

様々な樹種の木を多用していますが、使用する材料を自分たちの目で見て選ぶことで、ばらつきを感じず、まとまった空間をつくりだしています。

2階のリビングスペース。
小屋のような主寝室が隣にあり、その壁には様々な古材がランダムに横張りされている。職人さんの手で1つ1つ丁寧にけがき、加工しています。

建設地
滋賀県 
敷地環境
分譲地
構造
木造
階数
2階
敷地面積
174.38㎡
建築面積
72.87㎡
延べ床面積
118.38㎡
工事費
-
家族構成
3人
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
ALTS DESIGN OFFICE

図面

FavoriteLoadingAdd to favorites