[ かたち構造-002 ]
角を切り取り、光と風を採り入れる

建物のかたちと構造部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

周囲を建物に囲まれた旗竿地の住宅ですが、三角形の庭を設けた斜め方向だけは平屋建て。しかも南面。当面、建て替えられることはなさそうですが、もちろん建て替えられる可能性はあります。ですが、建物を斜めに切り取ってセットバックさせているので、隣家との圧迫感は軽減されますし、斜向かいの方が建物同士の距離は稼げるし、隙間からの日射も期待できます。

建て替え前は、周辺の建物と並行したプランニングだったので、1階には殆ど光が差し込まず、2階は南東隣家に向けてカーテン閉めっぱなしの暮らしをしておりました。こちら庭は、光と風を取り入れる目的とともに、自然や近隣との関係をコントロールしつつ、旗竿地に開放性をもたらす空間です。

どんな土地でも、そこにしかない魅力は必ずあるはず、見つけられるはず。それをさらなる魅力として空間的に惹き立てれれば、そこにしかない独自の暮らしが展開されることになります。

1階に一世帯、2階と3階にもう一世帯、玄関も別々の完全分離型の2世帯住宅です。
1階LDKに入った時に見えてくる風景。LDKの奥には、寝室が見通せます。狭い敷地ながらも、1階に両世帯の玄関(+上世帯の階段)、下世帯のLDK・寝室・ピアノ室・水廻りを詰め込んでいるので、当然、プランニングは難しい・・・。ただ狭いということが、コンパクトにまとまり、逆に暮らしやすいという結果に結びついているとも思います。

LDKの奥に設けられた1階世帯の寝室の様子です。一人暮らしということもあり、あまり広い寝室は必要ありません。その分、狭い敷地ながらも室内と連続したウッドデッキ付きのお庭を広く設けました。お庭に面して斜めに切り取られている直角方向が、真南になります。近隣が建物に囲われた土地ながらも、日中は太陽光が差し込む寝室とLDKが実現しました。

2階世帯のLDKの様子。真南に対して部屋が斜めに切り取られ、台形の形状となっております。窓の先は三角形のお庭に面しております。植栽は植えたばかりなので、未だ低い。少し育てば、2階からも緑が楽しめるようになります。
1階世帯に面したウッドデッキとお庭が見降ろせます。この三角形の庭は、周辺隣家との関係性に調和をもたらすだけでなく、両世帯が共に一つの土地に暮らしているという意識的な関係性も一役買っております。

3階に設けられたルーフバルコニーの様子です。手前にバスルーム、奥に寝室が繋がっております。三角形の庭に接してバルコニーも三角形状をしております。浴室や寝室は、矩形を雁行配置しているのでパースが掛かり、奥行きが感じられます。夕涼み、お風呂上がりのビール、就寝前の読書、寛ぎが楽しめるリラックス空間となっています。

建設地
東京都葛飾区 
敷地環境
旗竿地
構造
木造
階数
3階建て
敷地面積
123㎡
建築面積
44㎡
延べ床面積
123㎡
工事費
家族構成
大人一人+夫婦二人
居住者の年齢
50代
設計者名(事務所名)
根來宏典(根來宏典建築研究所)
FavoriteLoadingAdd to favorites