家づくりレポート »

コートを挟んだ2世帯の家

 敷地は南西2方向道路の角地で南北に細長く、北に行くほど裾広がりに開いた形状の約70坪の広さです。南に親世帯、北に子世帯それぞれの住居を計画し、コートを挟んで互いに過干渉にならず、即かず離れず過ごすことのできる分離型2世帯住宅です。
 計画は中央にコート、その前後に親世帯と子世帯の住居スペースを取り、西道路側を低く抑え、両方の玄関・水廻り等を連続させそれぞれの住居を繋ぎます。コートは外部に閉じ、内側に開きそれぞれの住居に光と風をもたらせます。さらに、そこにドライエリアを取り、親世帯の地下室に採光と通風をもたらせます。
 一方道路側は外部の視線・防犯に配慮し、外壁・塀・片引き戸等でクロスし、出来るだけ低く抑えることで境界一杯の建物が道行く人に圧迫感を与えないようにするとともに、2階部分の親世帯・子世帯の屋根の連なりがよりシンプルに美しく見えることを意図しました。
コートを挟んだ2世帯の家西側道路より外観を見る。

 親世帯の広めの玄関は、コートより大きな嵌め殺し窓を通して十分な明るさが確保され、2階への階段と地階への階段の昇り降りを安全かつ明るく足元を照らします。
 バリアフリーに配慮した玄関は、段差解消のための式台、その脇に手摺を兼ねた細めの丸柱、下駄箱の天板は握りやすい形状で高齢者に配慮しました。
コートを挟んだ2世帯の家親世帯玄関ホール、バリアフリーに配慮し段差解消のための式台、その脇に手摺を兼ねた細めの丸柱、下駄箱の天板は握りやすい形状。

 親世帯の生活の場は1階で全て完結するように、南にリビング・ダイニング、コートに面して寝室・水廻り等を機能的に使いやすく配置しました。
 子世帯の住居は、コートをかいしても冬季の陽射しが1階フロアーまで差し込みません。そこでコートに面したリビング・ダイニングの南前面を吹き抜けとし、上部に大開口を取ることで十分な日照を確保しています。
 コートに向ってワイドに開かれたそれぞれの浴室からは、前面上部より木製格子が取り付けられ、湯船に浸かりながら庭の足元を観賞します。山ボウシ・寒椿・満作・南天・サツキ等、さらにその傍らの蹲居より流水による水琴窟が庭師の手で仕込まれました。
コートを挟んだ2世帯の家中庭コートより浴室側を見る。

 まさにこのコートは、2世帯住居の中心に位置しこの住宅が成立するための最重要な場所といえます。