家づくりレポート »

ヒューマンスケールで居心地のよさをつくる

 家づくりの仕事をしていると、ヒューマンスケールという言葉を使うことがよくある。実体がない言葉だけにその本質は捉えにくい。ヒューマンスケールとは、どのようなことを指すのだろうか。
 身体寸法で考えた寸法を、単純にヒューマンスケールといっても、大人から子供までその身体寸法には違いがあるし、誰にでも適したスケールで空間をつくることは実際には難しい。ヒューマンスケールのスケールとは、個人個人に合わせた寸法ではなく、人が暮すうえで、落ち着きをもつことができるスケールのことのようだ。そしてこの落ち着きをつくり出すためには、プロポーションという概念が必要になってくる。
 ところが、これもまた感覚的な捉え方しかできない言葉であり、住宅に限っていえば、空間のプロポーションがよければ居心地がよいとも言えない。プロポーションのよさとは寸法的な釣り合いのよさを示すだけで、そこに暮らしのなかの所作に対する寸法的な検討がなされていないと、しっくりと納まったプロポーションにはならない。
 そんなことを思い、暮らしのなかの所作がスムーズに流れる寸法を各所に与えていくことが、この東久留米の家の家づくりだった。
 床面積は28坪の2階建て。家族3人(将来4人を想定)が暮らす家の広さとしては、とてもしっくりとした心地よさがあり、1階は階段を中心に回遊動線がつくられている。どの場所にいても進む方向に2つの選択肢があるので、実際より広く感じて暮すことができる。また、高さ寸法に関しても、食堂の天井高さは2m15cm、居間は2m30cm、そして居間の掃き出し窓の高さは1m92cm、どの寸法も、決して高いわけではないが、空間のプロポーションとしては、居心地のよさをつくり出したと思っている。
 4人家族であれば、20坪台の住宅で、十分に心地よい家が実現できると考えている。

ヒューマンスケールで居心地のよさをつくる_01キッチンから食堂と居間、そしてその先のテラスを見ている。
食堂のテーブルは、この家のサイズに合わせ特注で設計している。

ヒューマンスケールで居心地のよさをつくる_02居間からウッドテラスを見ている。
窓は木製のサッシで壁に仕舞えるので、居間とテラスは一体になる。
ソファーの後ろは引戸を開けると、大きな収納になっている。

1 階 : 14.00 坪      〈家族構成〉
2 階 : 14.00 坪       大人 2人
延べ : 28.00 坪       子供 1人