家づくりレポート »

ライブラリー(家族の図書室)のある家

ライブラリーのある家_2階のライブラリー2階にあるライブラリー。
手前にある小さな吹き抜けを通して1階のダイニングに陽をとりいれる。

周囲を家で囲まれ1階はほとんど陽があたらない都市型住宅の場合、一番気持ちのよい場所にしたい居間・ダイニングスペースを2階に持って行く場合が多いものです。
この家の敷地は東西に細長い敷地。東側道路ですが他の三面は2階建ての住宅が敷地一杯に建っています。通常に考えるならば、2階リビングの逆転プランをおすすめする敷地です。ところが建て主の方が選んだ決断は1階をダイニングとし、TVを見るスペースをとってほしいということ、そしてライブラリー(家族の図書室)を2階につくってほしいとの要望。
共働きなので平日家族で過ごす時間は朝と夜。だから平日の昼間の居間の日当たりは特にいらないし、子供も自分の部屋でなく共通の大きなテーブルで勉強させたい。(前の家では食卓が勉強の場所でしたとのこと)
奥さんは朝早く起きて仕事に行く前に勉強するとのことで、朝日のしっかり入る気持ちのよい場所がライブラリーとなりました。
とは言っても、設計者として1階の居間・ダイニングスペースに吹き抜けや高窓をとって陽が入り、風が抜けるように工夫をしています。
ライブラリーを造ったとばっちりで、子供部屋はベッドと収納だけのとても小さな部屋。だからか、一人になりたいとき以外は気持ちのよいライブラリーに出てきて本を読んだり勉強したり(ゲームも)しているそうです。休日にはここでご主人がストレッチをしたりPCを見たりと、しっかり第2リビングとしても活躍しているようです。
ちなみにお二人の息子さんはとっても勉強が出来るお子さん。やはり頭のよい子に育てるにはライブラリー(家族の図書室)は有効ですね!
……というか、もともと勉強の出来るお子さん達ではありますが。

ライブラリーのある家_2階のライブラリーキッチン方向からダイニング方向を見たところ。

1階:14.19 坪    〈家族構成〉
2階:13.45 坪     大人 2人
延べ:27.64 坪     子供 2人