家づくりレポート »

小田原の家

小田原の家-外観_水口

バリアフリーな平屋から展望のための3階建てのタワーがそびえるような外観。


小田原の家-室内_水口

天井が高く黒い内装とした書庫には古い家のガラス障子やステンドグラスを設置しました。

高齢の母のために息子さんが建てた家です。
ガルバリウム鋼板で仕上げられた少し変わった形のこの家には、脚の調子が良くない母が暮すための平屋のバリアフリーな居住空間と3階の展望室とが収容され、その間をホームエレベーターでつないでいます。
昔、この敷地からも良く見えたという箱根の山波の景色を再び見せてあげたいという建て主さんの強い思いを実現するために設けた3階の展望室は、近接する家の屋根越しに眺望が得られるようにと法的、構造的にも可能な限りの高い位置に設けました。
展望室の外に設けたテラスからは相模湾の海までも望むことができます。

 

3階を高く持ち上げるために結果としてとても天井が高い空間となった2階には、出版関係にお勤めの建て主さんの所持する大量の蔵書のための書庫と、大きな仏壇を置くための仏間を設けました。
書庫の内装は真っ黒に仕上げた上に取り壊した以前の家にあったガラス障子や、新たに大きなステンドグラスをはめ込み、亡き父が使われていた古い机を部屋の真ん中に置いています。
週末には都心で暮らす建て主さんが寝泊りする部屋としても利用されているそうです。

 

建築DATA

敷地面積  : 270.78㎡(81.91坪)          〈家族構成〉
1階床面積 : 66.49㎡(20.11坪)          一人
2階床面積 : 27.18㎡( 8.22坪)
3階床面積 : 14.35㎡( 4.34坪)
延べ床面積 : 108.02㎡(32.67坪)
構   造 : 木造在来工法地上3階建て  

[家づくりニュース2015年4月号掲載]