家づくりレポート »

白い板張りの家

 住宅の内装の中でも板張りの壁天井は最も手間が掛る仕上げのひとつだと思います。天井に1枚1枚実(さね)のついた板を張る作業は大変ですが、出来上がった後の素晴らしさには替えられません。普通は杢目をそのまま惹きたてるクリアーなオイル拭取り等の仕上げにすることが多いのですが、この家では白い塗装をしました。顔料の入ったオイルステインを拭取ったアッシュの板は微妙に白と肌色と灰色が混ざり、独特の風合いとなりました。
 板張りには悩まされます。薄い突板を張った塗装済みの既製品の板は、精度がよくツルツルできれいなのですが張り上がってもあまり感慨がありません。無垢の板を加工し一枚づつ張ったものとは何かが違います。とは言いながらも予算や床暖房や傷を気にすると無垢の板張りはなかなか実現できません。また杉や桧のような和材を張るとどうしても和風に見えてきます。節のある板となると嫌だという方も多いようにも思います。安っぽく見えてしまうのだと思います。この家では当初杉板を張る予定だったのですが、出来るだけ洋風にみせるためアッシュ材に変更しました。
 マンションや住宅メーカーの標準的な家に使われる木製品はみなフェイクなものばかりになってしまいました。印刷技術の進歩で杢目の印刷シート貼りの建具や、額縁、家具等は本物の木と見分けがつかないほどです。予算の関係で仕方がない場合以外には受け入れがたいものです。大量生産でできた偽物に囲まれる生活と活きた木に囲まれる生活では何かが違うだろうと思っています。
 さて、この春から家づくりの会に参加することになりました。大震災を経て建築の設計は耐震、節電、省エネについてより高度な性能を考えざるを得ない状況になってしまいました。会の中で研鑚していきたく、今後ともよろしくお願いいたします。

photo:白い板張りの家
玄関前軒天の白い板張り。

photo:白い板張りの家
LDKの天井板張り。

photo:白い板張りの家
階段の壁にも白い板張り。

1 階 : 33.18 坪        家族構成 : 大人 2人
2 階 : 26.70 坪               (将来子供を想定)
延べ : 59.88 坪