家づくりレポート »

遠山杉の家

遠山杉の家-外観

(外観)南の道路側の外観。厚塗吹付材と板張でシンプルに仕上げられた2階リビングの家。

高台の住宅地、奥様の実家のすぐ近くで購入された中古住宅を新しく建替えた家です。
南道路の日当たりの良い敷地で、道路の反対側は緑地帯を介して交通量の多い幹線道路が通っています。

地味な普通の家で十分です(笑)とおっしゃる御主人が家を建てるにあたってこだわったのは、御主人が集めた3,000冊ある本を収納できる書架、御主人の郷里の信州の木材である「遠山杉」をぜひ使いたいということ、それとまだ小さな二人のお嬢さんが弾くグランドピアノを鑑賞しながら和室でゆっくりくつろぎたいということ。
対して共稼ぎの奥様の御要望はかなり現実的で、料理と洗濯、物干しの家事動線への配慮と、建物や庭などなるべく維持管理の楽な家として欲しいということでした。

遠山杉の家-内観

(内観) 玄関扉を開けた正面廊下には建物の間口の目一杯に書架が据え付けられています。

早速、家づくりの会の賛同会社であり日本中の木に関して知り尽くしている「木童」さんにお願いして、柱は遠山杉、梁は信州赤松がそれほど割高にもならずに調達できて採用できることに。

建物は南道路側に向かって開放的な2階リビングの構成とし、1階に寝室と水廻り、2階にLDKとピアノ室、和室を回遊できるように設けたオーソドックスな間取としています。
その中に書架だけは建物の目玉的な存在となるべく、建物中心の1階玄関ホールの目の前に思い切り目立つように設けました。その案を見た奥様の要望で御主人専用だったはずのこの書架も一部は奥様用の飾り棚となりましたが…。

その他、実家の家紋を玄関扉の袖ガラスに忍ばせたり、長女の名前の由来の木であるミズメサクラの木をどこかに使いたいということでシンボルツリーとして植えたり、地味に見えながらも最終的にはこだわりが一杯の家となって完成しました。

建築DATA

1階床面積  : 74.52㎡(22.54坪)       〈家族構成〉
2階床面積  : 67.07㎡(20.28坪)        夫婦 + 子供2人
小屋裏床面積 : 19.60㎡( 5.92坪)
延べ床面積  : 141.60㎡(42.83坪)
構   造  : 木造2階建て+小屋裏

[家づくりニュース2013年10月号掲載]