家づくりレポート »

飯塚の家 11

 昨年末に完成した4人家族の家です。敷地は北と東が道路で、南は2階建ての共同住宅、そして西は神社の広場でいつも子供たちが楽しそうに遊んでいます。
 建て主さんとはホームページを通じて、さいたま市の建築セミナーで出会い、今のお住まいを訪問して契約へと進みました。親の土地を分けてもらって建てるという恵まれた環境ではありましたが、これから住宅の融資を受け、返済しながら子育てをするのは大変です。出来る限り負担を抑える意味でも「長期優良住宅」の採用は不可欠でした。
 マツザワ設計に依頼があったという事は、もちろん木の家でという事になりますが、建て主さんが単に木の家を望んでいるわけではなく、健康や環境問題、木の質感、和風など希望している内容は各々異なります。また、それらの要望が全てではなく、当然ご主人の夢、奥さんの憧れ・現実の希望、子供たちの要望なども重要です。
 いくつか大きな希望として
 ・吹抜けを見上げると木の骨組みと漆喰がきれい!
 ・ぐっと目をひく大黒柱(丸太)が欲しい!
 ・子供が暴れても、追いかけっこをしても良いような間取り!
 ・隣の公園の木々を見ながらお茶を飲みたい!
 ・バイクいじりができ、いろいろ作業ができるアトリエが欲しい!
 ・夕陽を見ながらソファーに腰掛け、ゆっくりとお酒が飲みたい!
 ・リビングにつながるデッキでバーベキューをしたい!
 ・木材は高価でなくても良いので、使い込むうちに飴色の艶が出るもの!
というような希望の他、一般的なキッチンや仕上げや使い勝手の希望もたくさん頂き、夢がいっぱいの要望でしたが、実際に動き出すと予算と現実の中でいかに夢を形にするかの作業が続きました。いろいろ予算では苦労しましたが、そよ風(空気集熱システム)も採用され、快適で健康的な省エネ住宅が完成しました。

飯塚の家 11
建て主さん希望の吹き抜けを見上げると、木の骨組みと漆喰の壁(一部板張りに)と木と空と。

飯塚の家 11
寝室から見下ろしたアイランドキッチン。上にはファミリースペースがあり、このあたりに家族が集います。