役員紹介

石黒 隆康

代表理事
石黒 隆康  BUILTLOGIC(ビルトロジック)(横浜市)

今期「NPO法人家づくりの会」の代表理事に就任しました、石黒隆康と申します。今年で50歳になりますが「家づくりの会」では若手と言われています。(多分)住宅設計界隈でも若手かもしれません。

最近、考える事があります。住宅設計者の立ち位置について。
インターネット社会になって、特に「インスタグラム」や「Pinterest」などでキレイで素敵な住まいに触れることが簡単になりました。情報を取ることも出来ます。
我々、住宅設計者は建主に喜んでもらう事を目指してはいますが、リクエストをそのまま実現することが仕事ではないはず。インスタグラムで切り取られた正方形のビジュアルが良い家でも無ければ、性能を100%クリアした家が居心地の良い家ではないと思うんです。家づくりにおいて、もっと建主さんから「任せてもらえるような存在になりたいな」と感じています。「この建築家に頼めば、あとは大丈夫。」「この建築家を選んだことが私たちの家づくりのすべて。」なんて言ってもらいたいものです。「家づくりの会」の所属する建築家は、日々「良い家を作りたい」と思って試行錯誤しています。メンバーは、40代前半から70代半ばまで、様々です。
真面目な集まりだな、、、と思います。
家のことなら何でも気軽に聞いてみてください。口下手ですがちゃんと応えてくれると思います。

 

萱沼 宏記

副代表理事
萱沼 宏記  プラスデザイン1級建築士事務所(渋谷区)

本会には多くの建築家いますが、皆さん驚くほど真摯に「ものづくり」に向かい合っています。私は副代表になってから、この魅力について良く考えます。
インターネットで、どんな事も手のひらの中で情報が集められる様になりました。 しかしやがて、家づくりにおいて自分が欲しい情報が見つからない事に気付きます。 それは家づくりを考える事は、自分の未来、家族の将来を考える事だからです。
千差万別。様々な価値観がありスマホや住宅展示場では解答を見つける事は出来ません。 私達がこれまで設計した事例写真を見てください。一軒として同じ物がありません。 それは私達が建て主と共に考え悩み、漸く辿り着いた一軒だからです。
皆さんの家づくりが素晴らしい物になる事を期待しています。

 

伊澤 淳子

副代表理事
伊澤 淳子  一級建築士事務所伊澤計画(墨田区)

諸先輩方の「頑張って!」という想いを胸に2年間勤めさせて頂きます。
情報がめまぐるしい速度で過ぎ行く時代、どうしたら、住まい手皆さんの所に、設計者との家づくりの魅力、暮らしが楽しくなるような家づくりをお届けできるか、、、大変、難しい局面です。
ご協力を仰ぎながら、進めて行ければと思っております。

 

島村 香子

副代表理事
島村 香子  島村香子建築設計室(葛飾区/新宿区)

現役の家づくりの会会員では最若手でありながら、伝統ある家づくりの会の役員を務めるのは少々緊張します。
家づくりの会には、多才な建築家が数多く在籍しています。年齢層も幅広く、キャリアも作風も人間性も多様で個性的です。何事にも一生懸命で、ひたむきに建築に取り組んでいる建築家ばかりです。
この家づくりの会のウェブサイトを訪れた皆様のお役に立てる人材が、この会にきっといると信じて、微力ながら皆様のサポートをさせていただきたいと思います。

 

丸石 隆行

副代表理事
丸石 隆行  tech to hook丸石隆行一級建築士事務所(台東区)

建売住宅をつくるビルダー。ハウスメーカー。工務店。設計事務所。住まいづくりをお願いするには 主にこの4つ選択肢があります。ふつう、別物だと認識されますが、4つの共通項は 設計者は必ずいる。ということです。住まいづくりには水先案内人である設計者は必要だということです。何が違うのでしょうか。住まい手となる方々と設計者との間の対話の時間が違います。対話の時間が短いより、長いほうが良い住まいになりそうですよね。設計者と対話がない。顔を合わせることがない住まいもあります。むしろそちらの方が主流かもしれません。設計事務所を主宰する私たち家づくりの会の住宅設計者は対話が無いとはじまりません。住まい手との対話。つくり手との対話。そして物言わぬ(!?)空間や建築材料との対話。私たちは対話を生業にするプロ集団なのです。このお話をお伝えするのが私のお役目の一つだと思っています。